ここから本文です

「二番底は黙って買い」という格言があるそうですが、きのう1月22日の爆上げがあっ...

ID非公開さんさん

2016/1/2312:30:04

「二番底は黙って買い」という格言があるそうですが、きのう1月22日の爆上げがあったことで、昨年9月29日の16930円が一番底で、

おととい1月21日の16017円が二番底だったということになるのでしょうか?

閲覧数:
209
回答数:
7
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2016/1/2313:21:09

>「二番底は黙って買い」という格言があるそうですが・・・

全くその通りです。
二番底は買いのみだと思います。

ところが、これは後日の後講釈です。
このまま上昇すれば、後から2番底と呼ばれますが
この後下落すれば、中間反騰と呼ばれます。
「二番底は黙って買い」と同時に
「下落中の反騰は、黙って売り」との格言もあります。

要は、この短期的な上昇が続くのか?一時的のものなのか?を
株価の変動渦中に判断できるかが重要でしょう。

賢い投資家は、2通りの作戦を立て、どちらに転んでも利益を出す、
少なくとも損をしない作戦を立てていると思います。

さて?貴方の作戦は???

  • 質問者

    ID非公開さんさん

    2016/1/2313:52:16

    回答ありがとうございますm(_ _)m
    年明けからの急落は「海外要因」です、その悪材料がたった一日で突然雲散霧消、一気に好転したのだから少なくとも大発会時点まで一気に駆け上がるハズ!などと、愚かな投資家は考えてしまいます・・・

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2016/1/25 07:23:45

皆様ありがとうございましたm(_ _)m
後にならないとわからないのですね、当たり前と言えば当たり前ですね・・・

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mii********さん

2016/1/2320:52:40

一日の分足チャート見てても大きく下げる時は3段下げが有るように思うんですが・・・

m23********さん

2016/1/2317:58:44

2番底は後から解ります。ですが、先日、1月21日は二番底ではなく1番底だと思います。

相場のセオリーでは、トレンド相場(上昇か下降)のあとは、レンジ(持ち合い)を作り、その持ち合いが収斂(レンジ幅が狭まり先が狭くなってくる)してきます。(水平の持ち合いもたまにある)

トレンド相場の後の持ち合いレンジを、実体(ロウソク足)が離れた瞬間がチャンスです。離れた方向にポジションを取ると、バッチリでしょう。

2016/1/2317:44:03

逆三尊(トリプルボトム)もあるぞ(福笑)

逆三尊(トリプルボトム)もあるぞ(福笑)

jhg********さん

2016/1/2314:08:42

二番底と言うには価格が低いですね
元々が16000円割れに向かう状態での
いきなりの反発ですからあてにできないと思いますよ

原油もまだ20ドル台だし円も120円以下ですからね
本格上昇とはとらえられないので警戒は必要です
一時的な上げで終わりそうです

プロフィール画像

カテゴリマスター

2016/1/2313:49:52

木曜日の番組で、通常、1番底より下げ幅の少ない2番底が、より低い値になったので、これは、2番底ではなく、2段下げだと説明していました。

そして、この場合は、より大きい三段目が来るのだと。

20947円(8/11) - 16901(9/29) - 20012(12/1) - 16017(1/21)

次は、高値19000円(3月末)、安値15000円以下(4月末) と予測していました。

19000円まで行くかな?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる