ここから本文です

邪馬台国の所在地については日本史カテでも多くの議論があり、一般的な考えとして...

生野仁さん

2016/1/3001:33:59

邪馬台国の所在地については日本史カテでも多くの議論があり、一般的な考えとしては、近畿地方の大和に求める説と九州北部に求める説があり、

近畿説をとれば3世紀前半には近畿中央部から九州北部におよぶ広域の政治連合が成立していたことになり、のちに成立するヤマト政権につながることになり、一方、九州説をとれば邪馬台国連合は九州北部を中心とする比較的小範囲のもので、ヤマト政権はそれとは別に東方で形成され、九州の邪馬台国連合を統合したか、逆に邪馬台国の勢力が東遷してヤマト政権を形成したことになると山川出版の教科書にあります。

ここで質問なのですが、現在九州説と近畿説というのは揺らいでいないものの、表記から近畿→畿内と範囲が限定されているのはどの様な意味があるのですが、纏向遺跡の調査などによって近畿では無く畿内という表記に変更したのでしょうか?

閲覧数:
210
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fic********さん

2016/1/3009:18:45

一般的に

近畿=行政用語で大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県の二府四県の事

畿内=歴史用語で山城国、大和国、河内国、摂津国、和泉国の事

ヤマト王権関連の巨大古墳は大和国、河内国、つまり奈良県か大阪府にしかないので、近畿と書くよりは、まだ畿内と書いた方が正確だからじゃないですかね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

no_********さん

2016/2/600:22:06

むしろ、かつて「畿内」と言っていたのが、
最近になって「近畿」と言うようになったのではないでしょうか。
「畿内」は、律令制度上の地方区分であるため、
律令よりずっと昔のことを言うのに適した言葉ではない、として、
単なる地域名称である「近畿」と言い換えているのだと思います。

qff********さん

2016/2/600:16:55

>現在九州説と近畿説というのは揺らいでいないものの、

いいえ、ほぼ畿内説でかたまっている。

纒向遺跡及び古墳の大きさは突出していて、よほどのことがない限り「邪馬台国」は纒向遺跡であるという説は強い。

纒向遺跡は300haあるが、他の遺跡より3倍程度大きい。

また、王権を象徴する王墓は「箸墓」が全長278メートル、他地域で最大の岡山県の楯築墳丘墓の体積の100倍。

さらに、箸墓と同じ形式の前方後円墳が九州から福島県にいたるまでの広範囲に同時期に築造されているために「箸墓」を中心とした汎日本規模の政治システムが成立していたと考えられている。
(「前方後円墳国家」角川選書 国立歴史民俗博物館研究部教授 広瀬和雄)

日本考古学元会長で第一人者である大塚初重 明治大学名誉教授は著書の「邪馬台国をとらえなおす」講談社現代新書 2012年で「よほどの色眼鏡をかけないと九州説はありえない」と主張するように有力考古学者は全て畿内説が有力であると考えている。




>表記から近畿→畿内と範囲が限定されているのはどの様な意味が
>あるのですが、纏向遺跡の調査などによって近畿では無く畿内
>という表記に変更したのでしょうか?

そうだと思います。


参考

国立歴史民俗博物館研究報告 第185 集 2014 年2 月
「倭における国家形成と古墳時代開始のプロセス」
大阪市立大学准教授 岸本直文


https://www.rekihaku.ac.jp/outline/publication/ronbun/ronbun8/pdf/1...

「炭素14 年代法による高精度年代決定と編年モデル構築」
名古屋大学大学院環境学研究科 北川浩之

http://www.jsac.or.jp/bunseki/pdf/bunseki2014/201402nyuumon.pdf#sea...

以上

shpfiveさん

2016/2/223:05:48

一般的に畿内というのは、京に近い国々(山城国・大和国・河内国・和泉国・摂津国の令制5か国)を指す呼称とされています。

邪馬台国の近畿説とされるもののなかには琵琶湖湖畔説などというのもありますが
http://www.sankei.com/smp/west/news/141209/wst1412090012-s.html

やはり纏向遺跡の発見により、範囲が限定されてきたと考える論者の方が多くなったということではないでしょうか?

なお私自身は邪馬台国の所在地について、特に意見はありません。

九州説にも、それなりに説得力はあると思っていますし、畿内説が有力だというなら、そうかもしれませんね、というくらいです。

blu********さん

2016/1/3105:36:26

近畿は、纏向遺跡があるから間違いない。
九州は遺跡がたくさんあり、いと国の南が正しい。
共に文献の大半を無視した無茶苦茶な理論です。
纏向遺跡が卑弥呼の墓に違いないから近畿になくてはならない。
いと国の南と書いているから北九州に間違いない。私が、中国大陸から、貢ぎ物のお返しを持ってわざわざ来てるのに、ご近所を1ヶ月以上かけて舟に乗せられたり歩かされたりして、やっとのことで着いたら上陸直後のいと国のすぐ南?
いい加減にしろって言いたくなります。

学者さんが揃いも揃って自分に都合のいいように解釈して、邪馬台国までの手引き書を一切無視して。
本文の中に幾つもの場所を示すキーワードも書いているのに。
残念です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる