ここから本文です

発車メロディーの近郊地域17番がありますね。 その通称は「はいいち」と呼ばれて...

s_t********さん

2016/2/1122:32:40

発車メロディーの近郊地域17番がありますね。
その通称は「はいいち」と呼ばれていますが、その「はいいち」の語源が分かりません。
誰か分かりますか?

閲覧数:
1,402
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

miy********さん

2016/2/1207:01:36

「拝島駅(青梅線)の1番目のメロディ」という意味合いではないでしょうか?

かつての同駅の1番線はベルだったので、「拝島駅1番線」ではないのは確かです。かつて2番線でこの曲が使用されていたようです。

ちなみに「近郊地域17番」というのもファンが勝手に付けた曲名で、正式な曲名は不明なのはご存知ですよね?

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ale********さん

2016/2/1219:29:52

昔は各サイト、発車メロディに独自の名前を付けて識別していました。

近郊地域○○番というのは、今も発車ベルと調べると1番に出てくるサイトが命名したものです(もしかすると2chなどでこういったメロディの名前を付けた人がいて、その流れをサイト側が採用した可能性は捨てきれないので、サイト管理人が付けたと断言は出来ないが…)。

JASRACの管理問題が出る以前は他にも実録で有名なサイトが幾つかありましたが、そういったサイトなどで別に名前をつけたりしていたんですね。

はいいち=拝島1番でして、拝島駅で過去に使用されていたことから、近郊地域17番という名称の他に付いた名前です。

松戸4番線で使われていた四季=マトヨンと、似たようなノリですね。ちなみにマトヨン自体は、近郊地域11番の他に、常磐1番(前述のサイトでは常磐1番は北千住のメロディの名称)及びU-07という番号で呼ばれています。

詳しくは前述した某大手サイトにも記載がありますが、例えばVerde Rayoなんかは、前述サイトでは近郊地域8番という大枠になっていますが、他のサイトでは低音強調ver、低音verは全て横浜1番となっています。

また過去に拝島で使われ現在巌根で視聴中の近郊地域8-2番は拝島2番、京葉線verの近郊地域8-3番に関しては、京葉1番という風になっていたりと、各サイトで名前や分け方が違っていました。同様に、近郊地域17番も他のサイトでは、長さによって分けるという事はされていないようですね(ループ9秒、16秒、32秒、33秒verがそれぞれ存在する)。

実際には8番と8-1、8-4、8-5は放送装置のスピーカーやアンプの影響で音階が変わっていたり、違って聞こえるだけのように思うので、そもそも区分をする必要があったのかはなんとも言えませんが…。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる