ここから本文です

硬い酸と硬い塩基はイオン結合性が高く、軟らかい酸と軟らかい塩基は共有結合性が...

aaa********さん

2016/2/2716:56:23

硬い酸と硬い塩基はイオン結合性が高く、軟らかい酸と軟らかい塩基は共有結合性が高いのはなぜなのでしょうか。

軟らかい酸と塩基のほうが分極しやすく、イオン結合性が高いように思うのです

が...

閲覧数:
700
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sc_********さん

2016/2/2721:11:57

電荷密度が高く分極しにくいイオンや分子を硬い酸あるいは硬い塩基という。
電荷密度が低く分極しやすいイオンや分子を軟らかい酸あるいは軟らかい塩基という。
硬い酸と硬い塩基では、それぞれの原子価電子は核に強く捕捉されていて、電子雲を保ったまま、イオンの状態で結合しようとする傾向が強いからイオン結合性が強くなる。
軟らかい酸と軟らかい塩基は原子価電子に対する内殻電子の遮へい効果が大きく電子雲の分布が変形しやすいから共有結合性が強くなる。

質問した人からのコメント

2016/3/5 07:35:23

ありがとうございます!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる