ここから本文です

渡辺謙の英語習得法はどのようなものなのでしょうか?

mgu********さん

2016/2/2800:05:55

渡辺謙の英語習得法はどのようなものなのでしょうか?

俳優の渡辺謙さんは半年ほどで英語をほぼ不自由なく話せるようになったと聞きました。もちろん発音などはまだまだなのかもしれませんが、半年で習得するにはどのような勉強法をしたのか気になります。



教え方の上手い専属の先生などがいたのかもしれませんが、どのような勉強法をしていたのかなどわかる方がいましたら教えてください!

閲覧数:
392
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

joe********さん

2016/2/2801:06:32

http://thisisenglish.jp/素人からたったの5ヶ月で英語を習得した渡辺謙の/
(ここのサイトにあるんですが、うまく探せなかったら「渡辺謙 英語」で検索すれば出て来るはずです)

ここにある程度載ってますが、たぶん普通の人には無理
おつきの先生もいたようですが、個人的な努力のすごさ、そしてそれを可能とした彼の俳優としての能力、そして学習環境

言語能力がすごいのではないと思います(ま、普通よりは上なのかもしれませんが、それが第一の理由ではないということ)
"俳優としての能力"が、理想的な学習を可能にしたのだと思います
普通は、英語で話すということをはずかしく思ったり、間違いたくないという気持ちで言葉が出てこないものです
でもたぶん、彼にはそういう普通ではマイナスに働く要素がなかった
普通だと学習の障害になるはずのものが彼にはなかった
一歩も退くことなく、がんがん行ったような気がします

また、セリフを覚える感覚で学習すると状況と言葉が一致するので、セリフ自体が"自分のものになった"のではないかと推測します
また、映画のためだけの時間を作ることができる生活がありますよね
普通は仕事とか学校とかがあり、"空いてる時間"での勉強ですから全然足りません
また、映画作成の環境がおそらく"英語だけの環境"だった
そして、これが本当の一番の原因かもしれませんが、「必要性」です
自分の仕事のための学習ですからね、真剣度は最上級でしょう
そこで失敗したらたぶん次はないわけです
そういう意味では俳優という仕事はすごいのだろうと思います

ただし、私個人の考えですが、前述もしましたが、一般に言う"言語能力"という点では普通の人と同じではないかと思っています
ただ、例えば私には絶対にできないこと、「セリフを覚える」ということは俳優として必ずできなければいけないことです
この「覚える」という能力はすごいのだと思います
「覚える」は、"色々なことを吸収する能力"という感じです
俳優というのは、自分以外のものになるためにかなり学習するはずですから

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ven********さん

2016/2/2807:06:31

教える先生が上手らしいですね。
ドラマ・メソッドと呼ばれる方法
ドラマの役になりきってひたすら繰り返すことです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる