ここから本文です

畑で、 ホーレン草 と 小松菜 では 生え方は似ていると思うのですが、 売られて...

cha********さん

2016/3/310:40:35

畑で、 ホーレン草 と 小松菜 では
生え方は似ていると思うのですが、
売られているものの比較で、
ホーレン草は根元などに結構細かい泥、砂が付いて
いますので、根元をよく洗って食べないと

ジャリッときてしまいます。

一方小松菜は、全体的に、実にきれいな菜っ葉です、
根元にもほとんど泥はありません、
白いボウルで洗ってみても、極極小さい微粒子みたいな
土(砂)が見られるだけです!

なぜこんな違いがありますか?

閲覧数:
80
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tot********さん

2016/3/321:26:10

ホウレンソウと小松菜の子葉の出来方に違いがあります。
ほうれんそうの子葉は地際で開き一方の小松菜は地上1センチ位で開きます。これが根際に土が入るか入らないかの大きな違いになります。

ホウレンソウはフダンソウ・ビーツ・キヌア・丘キャビアなどと同じアカザ科の植物です
小松菜はキャベツ・ブロッコリー・ミズナ・大根・ナタネなどと同じアブラナ科植物です

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ats********さん

2016/3/315:32:46

ホウレン草の方が、一株の根元が太くなり、葉も多く出ます。そのため、根元に入り込んだ土が落ちにくいです。
また、小松菜は茎が長く、上部に葉が付く品種が多いですが、ホウレン草は茎部分が短めで、葉になりますので、葉が重なり合わない為に、若干横に外葉が倒れぎみになります。その為に土や砂が茎の間に入り易くなります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる