ここから本文です

生活保護はどこまで医療費がただに含まれますか

アバター

ID非公開さん

2016/3/606:42:37

生活保護はどこまで医療費がただに含まれますか

生活保護を受けている中で病院(精神科など)に入院する際どこまで医療費に含まれただになるのでしょうか、病室の部屋代や出される食事代、水道光熱費などは生活保護費の医療費に含まれただになるのでしょうか、どの範囲なら医療費の適用内なのでしょうかよろしくお願いします。

閲覧数:
1,533
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

coa********さん

2016/3/710:19:00

保険適用内です。病衣を借りたとか、おむつを使用したとかは自己負担になります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hid********さん

2016/3/710:03:30

他の回答者様がおっしゃってるとおり、保険適用範囲内であれば医療扶助は支給されます。ただし、自費診療となる部分については支給されません。

差額ベット代についてですが、基本的には認められませんし、病院によっては「生活保護受給者の患者様は個室等の特別病室には入室できない」と断るケースがほとんどですが、実際にあったケースとしては「知的障害の児童が手術を伴う入院をする際に、保護者(受給者)が本人の障害の状況や手術という体験をする事から、他の患者さんに迷惑をかける可能性があるとして、福祉事務所に申告し判断を得た上で、個室に入院したケースが私の知る限りで2件ありました。
但し、条件がありまして差額ベット代の支払は「自己就労収入(保護者の)か公的給付(特別児童手当等)から支出する。保護費からの支出は許可できない」というものでした。そしてそれを支出した事で生活困窮に至らないようにする事とありました。ですから全てのケースでこれが認められることは少ないと考えて下さい。

また、医師の判断で「個室等の病室」での治療が好ましいとされた場合には差額ベット代に徴収を病院側はしませんので、この場合は問題ありません。

2016/3/607:19:49

基本的に 健康保険が有効な範囲はすべて医療扶助の対象になります。
質問文に書かれている範囲ですと

・部屋代
差額ベッド料とよばれる、いわゆる『贅沢』部分は支出されません。基本的には差額ベッド代金の必要なところに入ることも出来ません(そんなところに入るお金があるなら補助を打ち切るべき状態だから、打ち切られます)生活保護者は大部屋しかはいれません。

・食事代ほか
通常の食事代は医療扶助ではでません。あくまでも一般の保護費のなかから生活費として捻出されます。治療費としての加算部分は医療扶助からの支出です。水道光熱費テレビ代も徴収を受ける部分は非保険ですので個人負担です。

基本的に療養(治療)に必要不可欠であり健康保険の認める対象範囲内が扶助の対象です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる