ここから本文です

建築の構造に関する質問です。 塔状比が大きくなると基礎の引き抜き力の検討をし...

mese5cbkihoncandcさん

2016/3/1611:04:30

建築の構造に関する質問です。
塔状比が大きくなると基礎の引き抜き力の検討をしなさいとありますが、塔状比が大きくなると引き抜き力が大きくなる原理がわかりません。
仮に同じ高さの建物が

あって幅が狭まると引き抜き力があがるということでしょうか。
ご教授お願いいたします。

閲覧数:
2,118
回答数:
3
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

haruharuboysさん

編集あり2016/3/1611:33:41

塔状比ということですので建物の平面的な幅に対する高さの比ですから建物を立面的に見て細長い建物は塔状比が大きくなります。
平面が正方形でなければ平面の縦方向と横方向で塔状比は違います。
塔状比が高いと基礎の引き抜き力が大きくなるのは、ピラミッドのように高さに比べて建物の底辺が大きい建物の場合、間口の小さい高層ビルのような細長い建物より、建物に水平力(地震や台風等)がかかっても建物の縁に生じる引き抜き力が小さい(転倒しずらい)のはイメージできるかと思います。
塔状比による基礎の引き抜き力は基礎や柱梁の部材をいくら強くしても効果が低く、建物形状による影響が大きいので注意が必要です。
建物縁の引き抜き力は
水平力×建物高さ/建物幅
てすから、建物高さが高いほど、また建物幅が小さいほど大きくなります。

質問した人からのコメント

2016/3/23 21:38:08

理解できました。
ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hitomi_hannさん

2016/3/2010:22:33

なんでも極論をお考えください。
地面に置かれた箱が、転倒する際、底面の片方が地面から離れて転倒しますよね。建物も、転倒を考えると、上物の重みで地面から離れようとする力は基礎を地面から引き抜く力になりますね。
同じ高さの箱でも、接地面が小さくなれば、転倒しやすくなりますね。そういう原理です。立体の底面(接地面)が小さければ立体は塔状になりますね。

プロフィール画像

カテゴリマスター

gsxr1000blueさん

2016/3/1611:21:58

ん?
何が理解できないのかが、理解できないが…

まず、「塔状比」の意味は、正確に理解していますね?
それを大前提で回答しますので。

塔状比が大きくなると、地震時の横揺れで「踏ん張りが利かなくなる」からです。

力学的には、「スタンス」が小さい為に、基礎の「単位面積当たりの引き抜き方向のモーメント」が大きくなるからです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。