胃がん~腹膜播種→腹水→抗がん剤治療を続けるか他の方法かで、途方にくれています。 患者は、私の祖母で88才になります。胃癌再発後、腹膜播種で腹水が溜まっています。

胃がん~腹膜播種→腹水→抗がん剤治療を続けるか他の方法かで、途方にくれています。 患者は、私の祖母で88才になります。胃癌再発後、腹膜播種で腹水が溜まっています。 今年の1月末からラシックス処方、クレスチンとUFTを服用しております。1ヶ月前より、お腹の張り7㎝ウエストが大きくなりました。直腸にも狭窄があり、便秘気味の為マグミットも飲んでいます。 腹水の影響と思いますが、食事も摂れず、常に寒がっており体温も35度台と低くなっています。また、利尿剤のラシックスを飲んでも尿が少なく、足先が強く浮腫んでおり、歩行も困難な状態です。 2/25検査時 ALB 3.2 GOT 28 GPT16 γ-GTP 26CRP4.2 T=BIL 1.2 CRE0.91 BUN 23 K4.6 WBC 2120 RBC 299 HB 9.0 PLT 10.2 主治医からは、腹水が酷く 、体力も落ちているため、抗がん剤の中止の話が出ているようです。また、腹水をいち早く処置していかないと非常に危険だと話もあったようです。 ただ、私的には、抗がん剤を中止すれば、癌や腹水、むくみがさらに悪化しそうで怖いです。 昨日、家族で話し合い、抗癌剤の継続、緩和ケア、セカンドオピニオンなど、今後どのようにするか話し合っています。 私的には、リスクはあると思いますが、抗がん剤の継続がよいと思っていますが、皆様ならどうされますか? ご意見、アドバイスがあればお願いします。

病気、症状 | 病院、検査7,487閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

8人が共感しています

ベストアンサー

10

胃がんから腹膜播種、腹水が溜まっているとのことで大変お辛い状況をお察し致します。 医療人の一人として回答させて頂きます。 まず腹水をなんとかしないといけないですね… 抗がん剤治療はとりあえず中止された方が良いかもです。 「医薬品」と言えば“効果はあるが副作用も出ることがある”と考えられていると思いますが、抗がん剤治療は、そういったものではありません。 副作用の発現率は90%で、効果は30%とされており、しかも、その30%も癌を消失させるというよりも、延命効果がある、という程度です。 抗がん剤治療をする前に、患者さんやご家族に選択させるというのは、その程度の効果しか見込めないという理由もあります。 抗がん剤治療は、年齢が若ければ効果が見込める場合があっても、高齢になると負担を大きくするだけだと思うのです。 ただ、抗がん剤治療の目的が何か?にもよるとは思います。 抗がん剤治療については、主治医との相談を含め、お近くのセカンドオピニオン外来などを利用されてみてはいかがでしょうか。 こう言っては大変失礼かもしれませんが、ご家族のエゴになってはいけないと思うのです。 患者さんは、抗がん剤治療をする、しないに関わらず、今はとにかく「苦痛を取り除いて欲しい」 そう感じているはずです。 見ている方が辛いとか、自分たちが悲しみたくないとかでは、ズレた考えが生じてしまいます。 苦痛を取り除いていけば、気持ちも前向きになります。 状況を考えると、まず腹水の苦痛を取り除くことが優先だと思います。 ただ、病院治療だけでは、その苦痛はやわらげる事ができないこともあります。 がんの痛みにはモルヒネ等を使うことはできますが、腹水だけの苦しみにはモルヒネは使いません。 私自身も友人のがんを通して、治療の限界のこと、患者さんやご家族の気持ち、がんや腹水の苦痛のやわらげ方…などを、改めて知り、考えることができています。 友人の場合も腹水が溜まり、息苦しさ、食事が進まないなど、QOLを損ねるほどの状況で、苦痛が続き、一度、穿刺を行い腹水を抜きました。 しかし再び貯留し、そこからは治療が進みませんでした。 そこで、この苦痛に漢方はどうだろうか?と考え、調べてみました。 私自身、漢方の知識はある程度ありますが、腹水の苦痛を取り除くことなど出来るのだろうか?と調べていたところ、漢方で自然排出を試みるという事が書かれた記事を見つけました。 ちゃんと根拠が有るか否かも調べたところ、中医学的には的を射ていました。 私が代理で相談し、漢方を試している最中です。 二週間目くらいから少しずつお腹周りが細くなっていきました。 まだ、一か月くらいですが、圧迫感が減り食欲が出てきているようです。 治療も再開し、会話も増えてきているとのことで、本人の精神状態は良好だそうです。 このような状態まで回復するとQOLも上がってきます。 年齢的に厳しい面もありますが、無理な延命とかではなく、少しでも長く穏やかな状況が続き、あとは天命に任せることが良いように思えます。 詳しく書くと切りがないくらいの情報量になりますので、リンクを記載しておきます。 判断材料の一つとして参考にして頂ければと思います。 #腹水貯留時の不快感緩和における漢方のポイント http://fukusui.myjournal.jp/archives/520292.html #腹水が溜まった時の漢方について相談できる漢方薬店 https://www.google.co.jp/search?q=%E8%85%B9%E6%B0%B4%E3%80%80%E6%BC%A2%E6%96%B9%E7%9B%B8%E8%AB%87&ie=utf-8&oe=utf-8&hl=ja&gws_rd=ssl#hl=ja&q=%E7%9B%B8%E8%AB%87%E5%A0%82 他にも何件か、腹水の漢方相談ができるところがあります。「腹水 漢方相談」などで検索してみてください。 #数字から見る「がん治療」の今 知っておきたい「がん緩和ケア」の誤解 http://gan-mag.com/medical/2103.html 微力かもしれませんが、お力になれれば幸いです。

10人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しい情報を頂きまして、大変感謝しております。 たしかに皆様がおっしゃるとおり、家族の自己満足になっているように思えます。 まず、私が気持ちを切り替え、このことを家族に伝えてみます。 それからセカンドオピニオンと漢方の相談を考えます。 詳しい情報を有難うございました。

お礼日時:2016/3/23 7:26

その他の回答(6件)

0

治るのであれば、苦しい治療も頑張れると思いますが。 これ以上の苦しい治療が最良とは限りませんよ。 病院によっては、 放射線・抗がん剤治療は、本人の寿命を短縮するだけです。もし、これ以上の治療を望むのであれば、他の病院でお願いします、と転院を言い渡します。 命の時間を延ばすのは神様の領域ですが、命の質を高めることは家族でも出来ます。 苦しい治療から、家族と穏やかに過ごせる緩和治療、命の質を高めることが出来るはずです。

2

88歳と言う年齢を考えたら、抗がん剤治療など 私ならもう、やめますけどね。 そして、終末医療としての 緩和ケアを選択すると思います。 本人のたっての延命希望があるなら それを優先しますが ここまで来て、苦痛を耐え忍んでの延命には ほとんど意味は無く、可能な限り苦痛の 少ない平穏な、余生にしてあげたいと思いますけどね。 間違っても、 自分の精神が安心したいために 本人の苦痛を延ばして、無理な治療で 生かそうと考えては いけないと思いますよ。

2人がナイス!しています

0

その抗がん剤が効いているかどうか疑問ですが、それはともかく、抗がん剤をやめたほうが、やったよりも元気になる見込みだから、医師が中止を勧めているのですが。 質問者様が、医師の言葉を素直に理解しようとせず、「いや、抗がん剤をやったらこうなるはずだ」と、希望的観測を掲げているように思います。

他の回答者様の言うように、家族が、何もやらないのは嫌で、抗がん剤をやったら、たとえ効かなくても精神が安定するからやりたがっているように思えます

0

白血球、赤血球、血小板が減少し、汎血球減少症になっています。 抗ガン剤の副作用か、骨髄転移があるかも知れませんし 白血病転化している可能性もあります。 こう言う場合は原則腹水は抜きません。抜いてもすぐ 溜まります。 抗ガン剤治療にも限界があります。 そろそろ、年齢など考えると、緩和ケアを考えられた方が 良いのではないかと思います。