ここから本文です

映画「ちはやふる」上の句。効果音が大きすぎてビックリしませんでした?? 畳...

ma2********さん

2016/3/2022:29:56

映画「ちはやふる」上の句。効果音が大きすぎてビックリしませんでした??

畳をたたく音はある程度仕方ないと思いますが、あそこまでやる?

あと、ちはやが寝てるシーンをホラーっぽくしたときの音、ほんとに邪魔だった。

閲覧数:
1,779
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mas********さん

2016/3/2107:27:30

私はびっくりしませんでした。

畳を叩く音の大きさは、競技かるたの凄さを伝えるための演出でしょう。

千早が寝るシーンは、原作のリスペクトでしょう。普通に寝ても面白くないので、あえてそういう演出にしたのでしょう。

私は、ここでかなり笑えましたよ。

それと、単に映画館の音響が大きかったことも考えられます。

  • この返信は取り消されました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

may********さん

2016/3/2711:14:35

かるたを取る時の音はビクってなりましたが
それ以外はいつも通りというかそれが普通になった感じでした。

amt********さん

2016/3/2710:36:54

最初に畳をたたいた音は突然だったし、確かに音が大きすぎてびっくりしました。いくらなんでも大きすぎです。後は、そろそろ音が鳴るなとわかっていたので、びっくりしませんでしたが、そこに神経がいってしまい、いまいちでした。
ホラー映画でもあるまいし、監督の意図が理解できませんでした。

sal********さん

2016/3/2113:08:10

「ちはやふる 上の句」とても良かったとおもうのですが、ただ昨年の「海街diary」と比べて充実感が少し足りないのは何かと見終わって考えていました。
思い至ったのが、やはり「音」でした。競技かるたの熱を伝えたいという思いが制作側にあったのだとおもいますが、全体を通してみたときに、音の扱いがやや乱暴だと思いました。
エンターテイメントとして... っていう思いで、エンターテイメントとしての音作りの思い込み(形式 ステレオタイプ)に制作側がはまってしまって、映画自身を見失っているのではないかと感じました。

全体はいいとおもうのですけれど。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる