ここから本文です

白点病に0.5パーセントの塩浴というのがありますがその濃度で白点虫は死ぬというこ...

アバター

ID非公開さん

2016/3/2916:59:57

白点病に0.5パーセントの塩浴というのがありますがその濃度で白点虫は死ぬということですか? そのくらいの塩でやつらが死ぬんだろうかと疑問に思いました。

閲覧数:
302
回答数:
6
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2016/3/2921:39:42

好適環境水+白点病で検索すれば完治の前例と理由の情報はあります。

実際、私も0.8%以上の塩浴だけで白点病を治したこともあります。
※所要期間一週間程度

ここからは個人的な考え方ですが、
塩浴を行うことで白点虫の活性を抑えられる+魚体の体力回復の促進ができるため、体力のある魚は自然治癒で白点病が感知するが、白点虫を死滅できるわけではない
※全ての成体を脱水できるわけではない+シストには無効のため
金魚の治療では低リスクな塩分濃度は0.5%だがこの濃度が白点虫に効果的かは疑問ではあります。

錦鯉の養殖池では昔から病気かもしれないと思ったら塩を入れておけと言われているが、それは恐らく「魚体の体力回復の促進」を図るためで病原菌を死滅させるためではないと思います。
疑問に思うのは結構ですが、こういうのは養殖池のHPや論文に記載されています。
ここで回答が来るのを待ってても、それが正しいとは限りません。
ネットのアマチュアの考察より養殖業者の報告書や学者の論文を見た方が参考になるし、最新の情報だと思いますが

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

miyawakitakaさん

2016/4/116:26:20

だいたいは死にます。でも確実に殺すために、0.5%の塩+メチレンブルーとか、0.5%の塩+マラカイトグリーンとか、薬と一緒に使うのが一般的です。
反対に汽水で白点が出たら、真水にすると良い、と言われています。試したことが無いので断言はできません。

2016/3/2923:40:19

治療において全く意味がない、とは言いません。
しかし少なくとも、その程度の塩では死滅しません。
白点虫を死滅させるには、それ用の薬品以外方法がありません。

そもそも、薬品投与以外の方法では、白点虫は「絶対に水槽の中から居なくなることはありません」。
病気に掛かっていない/完治したように見える生体でも、実際には、家庭で普通に飼育している水槽の中の水生生体であれば必ず寄生されており、単に「生体の体表からは目視で確認できなくなっているだけ」というだけの話です。

hec********さん

2016/3/2923:36:29

白点は高温に弱いので、32℃位に水温を上げるだけで一週間程度で完治します。高温に弱い魚種や水草水槽では無理ですが。塩浴よりも病気にあった適切な魚病薬を使った方が良いです。

トゥルーさん

2016/3/2922:37:22

海水濃度ぐらいならいけるかも知れませんが。、塩で死滅出来るってのは聞いたことないです。

2016/3/2917:47:07

いや、死にませんよ。
塩浴は金魚の体力の消耗を少なくするために行います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる