ここから本文です

太陽光、風力発電は不安定要素が高い。まあある意味 無駄が多い頼りない発電シス...

pow********さん

2016/4/217:49:13

太陽光、風力発電は不安定要素が高い。まあある意味
無駄が多い頼りない発電システムといえる。

でも1+1=2というように
太陽光もしくは風力発電+レドックスフロー電池の
組み合わせなら安定した供給が可能かも知れない。
レドックスフロー電池URL

http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=3&ca...

まあデメリットもあります。小型化が難しいですが
大型化は簡単です。コストはリチウムより安く
寿命もリチウムの10倍です。

http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=2&ca...

もっと普及すれいいのにと思うのは私だけかね?

閲覧数:
555
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yam********さん

2016/4/312:40:10

再生可能エネルギーが、普及がすすんでいないのは日本だけです。

スペインやドイツは風力発電が一番の発電量です。出力不安定なところは、火力発電の出力を調整しています。アメリカや中国もすごい勢いで伸びています。

EU全体では、2030年までに発電量の再生可能エネルギーの割合が45%が目標のようです。

電池が安価に普及されれば、もちろん再生可能エネルギーの普及にとって助けになると思いますが、電池が高いから普及しないというのは、再生可能エネルギーを推進したくない人の方便です。
他の国は、電池が普及していなくても再生可能エネルギーは普及しているのですから。

ちなみに電池は質問にご紹介以外のものでもマグネシウム等も開発がすすんでおり、スマホやノートPCへの適用間近です。

質問した人からのコメント

2016/4/8 23:11:53

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

rie********さん

2016/4/308:29:37

化学蓄電は資源を使う上高価ですから大規模な普及に向いているかどうか。
そういう意味では水素燃料電池の方が小型の家庭用も可能で、自動車用の大量普及が見込めますから安価にできるので将来性があると思いますね。

再生可能エネ普及の肝心な点は小型分散型発電ということで、大規模発電と大規模蓄電を避けるためのものですが、比較的狭い地域レベルの蓄電は地域性によってある程度は必要かもしれません。

なのでそういうレベルでは安価になるならレドックスフローもある程度は普及するかもしれませんが、小型揚水や小型海中揚水や小型水力やバイオ、また地熱発電や水素燃料電池などの組み合わせ普及が重要になってくるでしょう。

jun********さん

2016/4/220:38:08

そうですね。私もそう思います。

そもそも、大型蓄電池を配置すれば、需要と供給のバランスにも柔軟性を持たせることができるはずで、供給側にもメリットはあるはずなのですが・・・。

sisonagaseさん

2016/4/218:16:48

私は、太陽光や新自然エネルギーの時代は、本格的には、50年後ぐらいだと考えていて、大切の育ててあげるのが、社会的な要請だと思っています。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる