ここから本文です

後遺障害認定について 上腕骨の開放骨折 1度創部感染して排膿手術をしています ...

sai31713さん

2016/4/1119:00:44

後遺障害認定について
上腕骨の開放骨折
1度創部感染して排膿手術をしています
ピン、ワイヤー、ボルトで固定しています
治療1年ですが、骨融合せず止まっています
医師から症状固定を提

案されています
感染リスクが高すぎるので骨移植手術などはしない方がベストだとゆうことです
医師は骨融合不全、偽関節と言っています
後遺障害の認定を申請しようと思うのですが、現在の状態で申請できますか?
色々調べてるのですが、ピンなどで固定したままで後遺障害認定などが認められないと書いてあるのを見つけたのですが…
医師の判断であってもダメなのでしょうか?

後遺障害認定,上腕骨,医師,ピン,感染リスク,完治,障害認定

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
125
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2016/4/1121:29:11

ピンの固定は必ずしも抜く前提とは限りません。入れたままで完治というケースもあります。よって症状固定でも差し支えなく、障害認定は受けられると思います。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。