ここから本文です

判例によれば、共同相続人の1人に対する婚姻のための財産の贈与については、それ...

kit********さん

2016/4/1502:26:19

判例によれば、共同相続人の1人に対する婚姻のための財産の贈与については、それが相続開始の1年前の日より前に行われた贈与であっても、特段の事情のない限り、他の共同相続人は遺留分減殺請

求権を行使できる。

答えは○です。

この問題の言っていることがわからないので、分かりやすく教えてもらえませんか?

よろしくお願いしますm(_ _)m

閲覧数:
36
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

lit********さん

2016/4/1508:24:50

相続発生時(死亡時)より 三年遡り 故人の財産の動きも相続の範囲になりますし、、法定相続人(共同相続人)には 遺留分減殺請 求権を行使でます、と言う事です。要するに 何時死んでもいいお年寄りの法定相続人が 複数いる場合 慌てて一人に 生前贈与をしても このお年寄りが生前贈与から 三年以内に亡くなった場合は この生前贈与は 相続になりますし また 法定相続人には 相続の権利が元々ありますので 遺言で法定相続人1人に対して全て相続して欲しいと 書いて有ってもね 4分の1の相続の権利が法律的に有るのですよ。但し 全て相続してほしい方以外が 財産放棄をすれば、以外の方の相続権が無くなりますよ。

質問した人からのコメント

2016/4/15 10:40:33

ありがとうございますm(_ _)m

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる