現在、離婚裁判中の者です。 別居期間5年程で、婚姻費を毎月10万円、妻の口座に振り込んでいます。 子供は1人で、親権で揉めていましたが妻に譲りました。

家族関係の悩み4,003閲覧

3人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

その他の回答(3件)

5

「増額」というのは、別居中の婚姻費用のことですか? もしそれでしたら、もうすぐ離婚することを前提に、とりあえず増やしてみるのも、裁判を早く終わらす手ではあると思います。 離婚してしまえば、養育費だけの問題になりますが、もしあなたが再婚した場合、あなたに新たなお子さんができたことを想定すると、養育費を払いながらの生活はとても難しくなると思います。 かといって、今のお子様もあなたのお子様ですので、成人するまでは養育費を支払う義務があります。これは離婚とは別にあくまでも「子供が受ける権利」なので。 お子さんがおいくつで、財産分与がどのくらいあるのか分かりませんが、私としての見解は「財産分与をせずに全部譲る」そのかわり「養育費は裁判所の提示する金額、もしくは減額」でされたらどうですか? あなたにも弁護士がついてるハズですが、その弁護士はなんと言ってるんでしょうか?

5人がナイス!しています

2

養育費は双方の収入をもとに決まるから、裁判官の提示した7万が裁判所で想定している基準に比べて高いか低いかによる。 裁判所のHPに養育費の基準が掲載されている。 http://www.courts.go.jp/tokyo-f/saiban/tetuzuki/youikuhi_santei_hyou/index.html もし通常より高めの提示をしているのに和解を拒否するのなら、通常の金額に下げた判決、と言うことも考えられる。

2人がナイス!しています

7万円は、ちょうど中間の額です。 基準の最高上限、欲しいようです。 自分から別れたいと言っておきながら… (私なりに妻の言い分を受け、解決を図ってきたのですが、どうしても別れたいとの事でした。金の事ばかり言って来るので呆れ果てています。) 算定では6〜8万円なので、裁判官の判断で 8万円までは増額される可能性があるという事ですよね…? 悔しくてモヤモヤしますが、 辛抱して判決を待とうと思います。ありがとうございます。

2

http://officetakase.net/wp-content/uploads/2015/04/youikuhisanteihyo1.pdf 縦軸が貴方の収入、横軸が奥さんの収入。 こういう資料を集め、淡々と進めるのよろしいかと思います。 相手の方云々より、裁判になってしまえば勝つか負けるかです。 正直話を見ていると、浮気で別れた慰謝料の方が安いですね。 まあ せいぜい300くらいでしょう。 あとは「善意の問題」という恐喝に近いリーサルウエポンに如何に耐えるかです。このケースはいい人になっても何もないですよ。 後は親権で争ってみるというのはいかがでしょう? 論点をずらすという精神的効果もありますが、親権がこちらにあれば、子供に対する費用のみですし、養育費も向こうに支払い義務が発生しますし あまりいいアドバイスではないかもですね・・

2人がナイス!しています

この返信は削除されました