ここから本文です

〔福島で例年とは異なる異常事態/2015年より大幅に増加~インフルエンザ流行続く〕...

ind********さん

2016/5/118:16:45

〔福島で例年とは異なる異常事態/2015年より大幅に増加~インフルエンザ流行続く〕
(FNNLocal 2016年4月30日)

https://www.youtube.com/watch?v=JQwUil1a3MU&index=9&list=PLM2X_BBz8...
2015年1月から5月ごろまでの
インフルエンザの感染者の数は、
1月をピークに減少­している。
それが2016年は、ピークが2月から3月まで続き、
今も流行が続いている­。
謹教小学校の渡部芳子教諭は
「突然、『インフルエンザBで』っていうような
欠席の電話­がみられて、驚いてしまったというか」と話した。
学校の先生も戸惑う、インフルエンザの流行。
福島・会津若松市の謹教小学校。
先週、1年生のクラスで、6人の児童が、
インフルエンザB型に感染し、
2016年初め­て学級閉鎖の措置がとられた。
学校では、児童に手洗いやうがいを徹底させ、
アルコール消毒液で机をふくなどの対策に­追われた。
渡部芳子教諭は
「無理して登校しないで、具合が悪いときには、
休んでいただくっていう­ことも呼びかけております」と話した。
一方、郡山市でも。
例年では、
インフルエンザの流行が下火になってくる時期だが、
患者数が増加していると­いう。
郡山市のさかい小児科クリニックにも、
検査を受けるため、多くの方が訪れていた。
郡山市のさかい小児科クリニックでは、
4月に入って、
インフルエンザに感染して治療に­訪れる子どもが増えている。
そのほとんどが、「B型」の感染。
さかい小児科クリニックの酒井英明医師は
「ことしは、流行の開始が遅くなりまして、
そ­のずれ込みが、
現在の流行につながっているんではないかと思います」
と話した。
4月1日から26日までに、県内の小学校などで、
インフルエンザに感染した子どもは、
­1,339人で、2015年の同じ時期より900人増えている。
クリニックでは、患者の急増を受けて、
検査キットを新たに準備した。
保護者は、
「上の子が、風邪をひきやすいので、
お茶でうがいしたり、お茶を飲んだり、
­ビタミンCを取ってたんですけど、ダメでしたね」、
「手の消毒とかはするようにしてま­したね。
あとは、自分がマスクして、予防はかけてます」などと話した。
感染を防ぐために効果的な方法について、
酒井医師は「インフルエンザウイルスというの­は、
気温が低くなって、
乾燥すると増殖しやすいウイルスなので、
湿度が低いと増殖する­可能性があります。
ご自宅でしたら、少しお部屋を加湿していただくことも、
(感染予防­)の1つの方法だと思います」と話した。

***

>例年では、
インフルエンザの流行が下火になってくる時期だが、
患者数が増加していると­いう。

各種「感染症」増加の異常事態は

〔東京・渋谷警察署の結核集団感染 32人に拡大〕
(NHK 2016年4月28日)
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1015870031...
【人食いバクテリア国内激増中、
30代で突然死も~2010年度の約3.6倍】
等、各種「狂暴ウィルス」群
とも水面下で共通性を有すると
思われるわけですが、

【 「抗体」の退化⇔「抗原」(細菌類等)の進化 】
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n312578

(2010年以前は)減少or収束傾向にあった
様々な感染症が、猛威をふるい、今日では、

【 WHO報告書~抗生物質効かなくなっている 】
(日本テレビ系(NNN) 2014年5月1日配信)
WHO(=世界保健機関)は先月30日、
これまで有効とされてきた抗生物質が
細菌の進化により、
世界各地で効かなくなってきている
とする報告書を発表した。
例えば、
ある種の肺炎の治療に効果があると
されてきた特定の抗生物質は、
今では患者の半数以上について効かないという。
WHOは、対応策をとらなければ
「これまで治すことができた感染や小さなケガでも
死に至るようになる」
と警告している。
~参考~
【 抗生物質が効かない時代が来る? 】
〔もし“細菌”が“
抗生物質”との戦いに勝利したら…
抵抗力が強くなる細菌に警告が〕


更には、
各種「耐性型感染症菌」の出現

特に(1F由来の)環境&人工放射線の特性として
免疫反応における「抗体」の退化。
更に最悪な状況は、
突然変異による「抗原」(細菌類等)の進化も。
「抗体」の退化⇔「抗原」(細菌類等)の進化
の著しい乖離は、
深刻な免疫不全の徴候を示し、
既に、フクイチ被曝(初期被曝+慢性被曝)
によって潜在的に免疫力が著しく減衰し、
諸々のウィルスの突然変異&進化
の土壌となりやすい東日本を中心とする
日本国内人にとっては非常に危機的状況と
言えるのでは?

補足~参考~

【放射線照射した微生物の突然変異
~凶暴化する細菌類、ウィルス 】
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n140298

【放射線の生物学的効果~下等生物ほど強い放射線耐性】
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n162449

ウクライナ
【低線量長期被ばくの初期症状】
エフゲーニャ・ステパノワ博士
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1382388803
〔1987年~1991年の初期症状『機能障害』〕
①動脈圧の不安定(70.3%)
②肺の呼気機能障害(53.5%)
③心臓の機能変化(40.0%)
④胃の機能障害(39.6%)
⑤運動後の疲れやすさ(31.5%)
⑥免疫力の低下(60~70%)★★★
⑦肝臓機能の一時的障害(52.8%)


【やがて訪れるカタストロフの真相】
<表1=北ウクライナ住民の精神身体疾患の患者数推移
(1987年~1992年)>~約5年間の推移~

Ⅰ)内分泌疾患(631⇒16304)約26倍増★★★

をみてもお分かりの通り、
「内分泌疾患」(免疫系疾患)に関しても、
チェルノブイリ方面でも、
事故後5年以内に、既に急増傾向を示しています。
(⇒後年は、更に爆増傾向。)

インフルエンザ,細菌類,さかい小児科クリニック,抗生物質,ビタミンC,異常事態,野郎

閲覧数:
274
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lul********さん

2016/5/703:02:17

増えた時だけ騒ぐバカ。減った時に沈黙してるくせに!

増えた時だけ騒ぐバカ。減った時に沈黙してるくせに!

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

ali********さん

2016/5/209:08:46

また始まったよ・・・ホント、人殺しの愉快犯。

人は不安や恐怖などのストレスで耐性が落ちるんだよ。

お前みたいなのが人を殺してるんだが。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

sno********さん

2016/5/209:05:51

異常事態なのはおまえの頭のほうです。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

tak********さん

2016/5/123:11:00

あなたが回答した質問は、質問としてわかりづらいとみなされ削除されました。

質問になっていないので回答する価値なし。やったね、頑張ってねこじつけ野郎さん回答少ないね

ところで質問はなんや、あほか。内容なんか見てないよ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる