ここから本文です

×幸村 ○信繁 のように、実際の名前と広く知られる通称が違う歴史上の人物が他にい...

sei********さん

2016/5/509:10:56

×幸村 ○信繁 のように、実際の名前と広く知られる通称が違う歴史上の人物が他にいますか?

閲覧数:
150
回答数:
9
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ban********さん

2016/5/1116:57:40

「幸村」という名前は、物語の中で登場する、実在の人物である「信繁」をモデルとした武将の名前です。
戦国武将真田信繁の武勇を称えた「真田十勇士」という物語が江戸時代に作られました。この物語の中で「信繁」のことを「幸村」という名前で登場させています。恐らく、徳川政権下で、家康を苦しめた実在の人物「信繁」の武勇を称えることは憚られたため、「幸村」という名前の架空の人物の物語として作成されたのです。
従って、名前が二つあったということではないのですよ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

koi********さん

2016/5/1114:05:29

これまで出てないところでは、
坂本竜馬 ⇒ 坂本直柔(なおなり)
勝海舟 ⇒ 勝 安芳(やすよし)
平賀源内 ⇒ 平賀国倫(くにとも)
前田慶次 ⇒ 前田利益(とします)
ジョン万次郎 ⇒ 中濱萬次郎
紀伊国屋文左衛門 ⇒ 五十嵐文吉
などなど

kei********さん

2016/5/1113:48:21

真田幸村、同様に本多忠勝も平八朗と言う名前ですね!

因みに名前の有名な戦国武将は役職の名前が混じっている時があります‼
例えば、石田三成=石田 治部将輔 三成
など多くあり

五大老 五奉行などはよく知られている例でもあります。

そして、幼名が入ってる方も居ます「幼名とは幼いときのなまえです」
例えば伊達政宗=伊達 藤次郎 政宗
です

名前に関しては調べるとおましろいかもです

jj8********さん

2016/5/515:38:27

そもそも江戸時代までの殆どの歴史上の人物の呼称が間違っているんです。

「氏(本姓)+カバネ+諱」「名字+仮名(字、輩行名)or官途名」が本来の慣例なんです。
それと法名(戒名)に俗世の象徴である氏や名字は付随させ無いんです。

ですから源頼朝も武田信玄も徳川家康も豊臣秀吉も呼称方法としては間違い。

○源頼朝→源朝臣頼朝
○武田信玄→源朝臣晴信、武田太郎or武田大膳大夫or武田機山、徳栄軒信玄
○徳川家康→源朝臣家康、徳川次郎三郎or徳川(官途名)
○豊臣秀吉→豊臣朝臣秀吉、羽柴(官途名)

mas********さん

2016/5/514:22:00

幸村は真田が提出した系図での名前です。

真田家ではこれで通しました。

2016/5/509:59:18

私は、「幸村」は、自分で流布した「戦ネーム」だと思っています。
徳川方の甥たちへの遠慮でしょう。

地味な人ですみません。
武田家臣の「名和無理之介」
石田方の「舞兵庫・・・前田兵庫」
半分くらいは実在らしい尼子十勇士も自分でつけた名だと思います。
打ちあわせてつけたとしか思えないほど、揃っているので。

あ!
ひとり有名人を思い出しました。
西郷隆盛。
本人は、一度もその名を名乗ったことはないそうです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる