ここから本文です

椎間板ヘルニアで一年前から悩まされています、MRIの結果L5番オペまでは、いかな...

go3********さん

2016/5/801:45:11

椎間板ヘルニアで一年前から悩まされています、MRIの結果L5番オペまでは、いかないが二歩手前ぐらいで体内に筋肉を付け直していきましょうと。症状は、右側ケツ右太もも右ふくらはぎ右足の甲痺れ、運動会したあと

の筋肉痛みたいにとれません、
薬はリリカカプセル75mg1日3錠程度飲んでいる 仕事は全国へ機械据え付けの肉体労働いろんな治療。鍼灸。整骨、整体。カイロ、リハビリ、ストレッチ、ためしたが2、3日程度の緩和。思い切ってオペしたほうが、治りはやいですかね?

補足椎間板ヘルニアで、悩まされている皆様
コルセットやサポータ、保護養生テープなどなど、十人十色、貴方にとってベストな対処方法教えて下さい

閲覧数:
291
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ski********さん

2016/5/810:11:03

手術で全てが解決すると伝家の宝刀の様に考えたら大間違いです
整骨、整体、カイロは間違いですね
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n252897

手術をしないで症状を軽減する方法です
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n242365

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tre********さん

2016/5/1115:53:43

1年たっても痛みや痺れとれないと言うことはヘルニア自然消失期待低いケースが考えられます。保存療法無効例と言って差し支えないので、手術検討しても良いと思います。

先生は神経ブロック注射はまだ考えていないようですから、1度相談した方が良いです。ただいずれにしろ原因はヘルニアですから、自然消失か手術でとるかしないと完治しないと思います。

アバター

ID非公開さん

2016/5/814:02:52

椎間板ヘルニアと診断されて
手術が必要な人と不要な人

①手術不要のケース
腰のコリや筋肉痛から始まり・・
→お尻→太ももの順に筋肉硬直が連鎖。
普段可動する内部の神経管がこれにより圧迫。
この場合は・・
テニスボールを使い臀部を中心にコリを解す事で
完治します。(方法はご自分で検索)

②手術が必要なケース
脊髄から飛び出した髄核が神経管を圧迫して
脳から足先を繋ぐ神経通路を阻害。
この場合は・・
急がないとヘルニアを除去しても
脚のマヒ(特に腓骨神経)は後遺症となり
歩行困難になります。

つまり①は外部(神経根の周りの筋肉硬直)からの神経圧迫

つまり②は内部(神経根に飛び出した髄核が接触)からの神経圧迫

<注意>
髄核が飛び出ているから=上記②とは限りません。
健康な人も「Ⅼ5」辺りは髄核飛び出ている人が多いです。
飛び出ている=神経圧迫ではありません。

腰が痛い→整形外科→レントゲン→髄核飛び出し→
椎間板ヘルニアと診断される誤解も多いです。

レントゲンでは骨しか見えません。
骨や周辺の状態で推察されるのです。
きちんとMRIやミエロ造影CT等で
自分がどの様な状態か把握しましょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる