ここから本文です

貸倒引当金について 当期に発生した貸倒については 貸倒損失×××/債権××× と常...

tad********さん

2016/5/904:15:23

貸倒引当金について

当期に発生した貸倒については
貸倒損失×××/債権×××
と常に貸倒引当金残高があっても処理して宜しいのでしょうか?
テキスト等では前期以前に発生した貸倒については

貸倒引当金を取り崩すと載ってありますが…
ご回答よろしくお願い致します。

閲覧数:
120
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fff********さん

2016/5/904:57:19

当期に新たに増えた債券が貸倒
→貸倒損失

前期以前から持ってる債券が貸倒
→貸倒引当金

です。

というのも
前期以前から持っている債券には決算で貸倒引当金の仕訳を行っています

貸倒引当金繰入/貸倒引当金

この貸倒引当金繰入は費用項目で
『もしかしたら貸倒になるかも
しれないから今のうちに損失を
計上しておこう』
というものです。

ですので、前期以前から持っている債券が貸倒になっても既に費用を計上しているため

貸倒損失

という費用を計上するのではなく
貸倒引当金を取り崩すのです。

一方、当期新たに増えた債券はまだ
決算で貸倒引当金繰入という費用を
計上していません。
ですので、当期債券が貸倒れた際は
貸倒損失として費用を計上します。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる