ここから本文です

線形代数の複素平面と多項式空間の商空間との同型写像の問題です。 複素平面Cを実...

gti********さん

2016/5/1515:43:41

線形代数の複素平面と多項式空間の商空間との同型写像の問題です。
複素平面Cを実数上のベクトル空間と考える。V=R[x]とし、Vの部分空間(x^2+1)Vに対して以下の問題に答えよ。
(1)商空間V/(x^

2+1)Vの基底は、[1],[x]であることを示せ。
(2)V/(x^2+1)VからCに向けて実ベクトル空間の間の同型写像を構成せよ。
(3)さらに、(2)の同型写像Fをうまく選ぶと、V/(x^2+1)Vに属する任意の[f(x)],[g(x)]に対して、F([f(x)g(x)])=F([f(x)])F([g(x)])が成り立つようにできることを示せ。
よろしくお願いします。

閲覧数:
179
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2016/5/1518:00:54

(1)
まず、a, b∈Rが、a[1]+b[x]=[0] を満たすものとすると
[0]=[a+bx]となるので
a+bx∈(x^2+1)V
よって、a=b=0
したがって、[1], [x]はR上線系独立です。

また、[f(x)]をV/(x^2+1)Vの任意の元とするとき
f(x)∈Vなので、
多項式f(x)をx^2+1で割った商をq(x)とすると、余りはa+bx(a, b∈R)と表わされるので
f(x)=q(x)(x^2+1)+a+bx
よって、[f(x)]=[a+bx]=a[1]+b[x]
したがって、V/(x^2+1)Vnの任意の元は[1], [x]の線形結合で表わされます。

以上より、[1], [x]は V/(x^2+1)Vの基底です。


(2)
写像F:V/(x^2+1)→C を、F([f(x)])=f(i)(∀[f(x)]∈V/(x^2+1)V)と定めます。
まず、f(x), g(x)∈Vが、[f(x)]=[g(x)]を満たすものとすると
f(x)=g(x)+h(x)(x^2+1)(h(x)∈V)と表わされるので
f(i)=g(i)
すなわち、F([f(x)])=F([g(x)])
よって、Fはwell-definedです。

次に、[f(x)], [g(x)]をV/(x^2+1)Vの任意の元とすると
F([f(x)]+[g(x)])=F([f(x)+g(x)])=f(i)+g(i)=F([f(x)])+F([g(x)])
また、aをRの任意の元、[f(x)]をV/(x^2+1)Vの任意の元とすると
F(a[f(x)])=F([af(x)])=af(i)=aF([f(x)])
よって、Fは線形写像です。

そして、zをCの任意の元とすると
z=a+bi(a, b∈R)と表わされます。
すると、[a+bx]∈V/(x^2+ 1)Vで
F([a+bx])=a+bi=z
よって、Fは全射です。

また、[f(x)]をKer Fの任意の元とするとき
多項式f(x)をx^2+1で割った商をq(x)とすると、余りはa+bx(a, b∈R)と表わされるので
f(x)=q(x)(x^2+1)+a+bx
よって、0=F([f(x)])=f(i)=a+bi
そして、a, b∈Rなので
a=b=0
よって、f(x)=q(x)(x^2+1)∈(x^2+1)V となるので
[f(x)]=[0]
よって、Ker F⊂{[0]}
さらに、F([0])=0だから、Ker F⊃{[0]}なので
Ker F={[0]}
よって、Fは単射です。

以上より、FはV/(x^2+1)VからCへの同型写像です。


(3)
(2)で定めた同型写像Fは
F([f(x)g(x)])=f(i)g(i)=F([f(x)])F([g(x)]) (∀[f(x)], [g(x)]∈V/(x^2+1)V)なので

任意の[f(x)], [g(x)]∈V/(x^2+1)Vに対して
F([f(x)g(x)])=F([f(x)])F([g(x)])
が成り立ちます。

(注)iは虚数単位を表わしています。

質問した人からのコメント

2016/5/15 18:49:15

ありがとうございます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる