ここから本文です

マツダはハイブリッドあるのになぜクリーンディーゼルでいくんですか?

ter********さん

2016/5/1621:53:36

マツダはハイブリッドあるのになぜクリーンディーゼルでいくんですか?

閲覧数:
1,066
回答数:
23
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wan********さん

2016/5/1706:48:47

クリーンディーゼルが先で、ハイブリッドが後です。
マツダは企業規模が小さく、トヨタのような開発投資ができません。
そのため、企業資源をエンジンの効率改善へ重点投資しました。
その結果がSkyactivテクノロジーです。
Skyactivテクノロジーにより、排出NOxの少なく熱効率の良いクリーンディーゼルエンジンが開発でき、クリーンディーゼルエンジンが主力となっています。
いくら企業規模が小さくても、ユーザーへクリーンディーゼル車だけを提供するのでは、ユーザーの要求に答えられません。
ラインナップ拡充のため、トヨタから30系プリウスで搭載しているハイブリッドシステムを部品供給して貰いハイブリッドモデルを発売しています。
ハイブリッドシステム開発への投資資源がありませんから、販売台数が多く無いので、部品としてハイブリッドシステムを購入した方が安いからです。
そのため、トヨタのハイブリッドシステムを使う上での制約を受け、エンジン出力をシステムに適合するようにデチューンして搭載しています。
ラインナップに定義するためだけですから、当然積極的に売りませんから売れてもいません。

(term_post444さんへ)

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/22件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sha********さん

2016/5/2309:25:44

そのハイブリットシステムがトヨタからの供与だからです

bqt********さん

2016/5/2306:46:20

そもそも技術競争でドロップアウトしたマツダは
自社でハイブリッドを手がけてる訳ではなく
トヨタから供給を受けてるだけです

ガソリンやディーゼルなどの旧世代技術なら
マツダみたいな弱小でも自社でやれるので
消去法としてそうするしかなかったんでしょう

esu********さん

2016/5/2207:44:07

聞いた話では、HVをラインナップに加えないと販売店が困るからって。

トヨタから供給を受けていて、まじめにHVに取り組むつもりはないですね。

ユーザーがHVはエコだ環境対応の切り札だとだまされている内は仕方なくおつきあいって程度。

本命は、環境対応で且つドライバビリティーを犠牲にしない車造りです。

クリーンディーゼルとEVが本命でしょうね。

ベンツなど欧州車のようにHVのエンジンにディーゼルターボ車って選択も可能になるし。
EVレンジエクステンダーにディーゼルエンジンってことも可能ですし、ロータリーエンジンも持っている。

クリーンディーゼル車は、マツダのアイデンティティとして良い方向だと思います。

swp********さん

2016/5/2207:36:29

マツダ車を買う人にハイブリット好きはいません。皆ガソリンやディーゼル狙いです。 しかし永年ディーゼルとはいかないので、これからハイブリットや電気自動車に手を付けていくでしょう。

それがマツダの技術開発長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”」です。

rek********さん

2016/5/2203:10:33

もっと行けると思ってるからです。完成型のように言ってしまうと、途端にそんなものかとなってしまいます。
ハイブリッドはトヨタが割りと容易く、技術を公表してるから、マツダにもあるだけです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる