ここから本文です

電王戦第2局も山崎叡王がポナンザに負けましたが敗因は何だと思いますか?

taj********さん

2016/5/2222:47:12

電王戦第2局も山崎叡王がポナンザに負けましたが敗因は何だと思いますか?

閲覧数:
1,348
回答数:
9
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rei********さん

2016/5/2223:01:39

感想戦を見ていた限りでは、序盤の構想が八段の中で決まってないまま対局に望んだのではないかと思います。
それが結局は敗因ということになったと個人的には感じました。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

new********さん

2016/5/2700:59:45

最強のポナンザと
中堅の山崎さん

手合い違いじゃないですかね

羽生さんや渡辺さんでも
結果は同じだったと思いますけど

has********さん

2016/5/2623:51:01

森門下の弟弟子たちが対Ponannza研究をしていた相掛かり形から、初手7六歩でいきなり外され、山崎叡王が矢倉もどきの構えに変更したのには一様に皆、頭を抱え込んでいましたが
「これは、山崎叡王が他にやってみたい有力な研究手順が何か潜んでいるに違いない。これからが楽しみです。」と糸谷八段は兄弟子を弁護するコメントを述べていました。
ところがその後、先手が有利になる手順は何も現れず。評価値はどんどんと先手が悪くなるばかり、いったい山崎叡王は何がしたかったのだろ?その疑問に変わって行きました。
結局のところ、この山崎八段という男、自身では研究や対策など何もして来なかったのではないのか?ただその時の感性だけ信じて指してる。
Ponanzaに精通している弟弟子千田五段が今Ponanzaに勝てる勝率が高いのは相掛かり形しかありません。と的確にアドバイスしているのに、本人はプライドが高いのか、一切聞き入れなかった。折角森信雄門下がタッグを組んで対Ponanza対策を研究していたのに、当の対局者本人が自分勝手に好き勝手なことしていたら、これは勝てる将棋も勝てないなぁと思いました。

mit********さん

2016/5/2613:17:36

対局後の記者会見で対ソフトで何局くらい指しましたか。どのくらいの勝率でしたかみたいな質問を記者がされてました
山崎八段はダラダラと長く話して説明されてましたが 私にはその質問をはぐらかしているように感じました
その中で持ち時間の短い将棋では全く歯がたたなかったと説明されてました
そして本番と同じ持ち時間8時間の将棋は序盤の30~40手くらいまでしか指さなかったと話していました
これらの情報から おそらく短時間の将棋で全く勝てないので心が折れてしまったのでしょう
そして本番と同じ持ち時間8時間の将棋での練習将棋では これ以上自信を喪失しないため 最後まで指すのを禁止したのだと思います

私の見方では敗因は対局前にすでに自信を失っていたことだと思います
なので自信を失うくらいなら対局前のソフトの貸し出しもどうかと思いました

anm********さん

2016/5/2420:55:09

5七銀で負けが確定した。角が使えなくなってしまった。

inf********さん

2016/5/2312:01:33

先手の山崎八段が
①封じ手▲4九王と自から王形を悪くした。
②▲5四歩と取らなかった。
その後
③△5六歩のとき、▲2二角成と踏み込めず▲同銀と自重した。

敗因はこの3点ですね
いずれもプロ棋士100人いたら①②③は指さないと思います。
①は強気の一手、②③は弱気の一手。

山崎八段らしい相手の読み筋を外そうとする悪い癖が出ましたね
何がしたいのか?終始一貫性のない将棋でした。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる