大腸菌群の推定試験で使用するデソキシコ―レイト培地とBGLB培地について質問お願いします。

大腸菌群の推定試験で使用するデソキシコ―レイト培地とBGLB培地について質問お願いします。 1.デソキシコ―レイト培地の判定で、典型的集落と比べて、小さな赤色のコロニーについては明らかな大腸菌群でないとして陰性としてよろしいのでしょうか? 2.BGLB培地の選択剤「ブリリアントグリーン」、「牛胆汁末」がグラム陽性球菌の発育を抑制するという事は文献等に記載されていました。胆汁酸塩は、グラム陽性球菌のペプチドグリカン層が厚く、細胞外膜がないために界面活性剤により溶菌されることはわかりました。 では、ブリリアントグリーンは色素であること以外にどのような機序でグラム陽性球菌の発育をぞ害するのでしょうか? ご回答よろしくお願いします。

農学、バイオテクノロジー643閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

1. 赤色のコロニーができたのであれば陽性です。とりあえず推定試験陽性ですから、その次の確定試験(EMB培地)に進めてください。 2.残念ながら機序はわからないのですが、文献としてはApplied Microbiology Vol25, 793-799 (1973)があります。