ここから本文です

刑事コロンボの「闘牛士の栄光」のオチがさっぱりわかりません? 最後に犯人が...

プロフィール画像

カテゴリマスター

少年の夢さん

2016/6/518:55:05

刑事コロンボの「闘牛士の栄光」のオチがさっぱりわかりません?

最後に犯人が闘牛を前にしてすくんで
何もできなくなりましたよね?

それで犯行を自供して負けるんですが
なぜこんなあっさり認めるんですか??
「プライド」の話なんでしょうか。

閲覧数:
236
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

電気蟻さん

2016/6/520:44:47

そうですね。あの回のオチはわかりづらいと思います。
おそらく、プライドというのが正解でしょう。
牛の前で固まってしまうという、闘牛士としてはあってはならないところを皆に見られてしまうということは、彼(犯人)の人生の破滅でもあるのでしょう。
彼(犯人)はもうそこで自分が「終わった」ことを自覚し、犯行を認めたのだと思います。
「刑事コロンボ」シリーズには狡猾な犯人もたくさん出てきますが、このような誇り高い犯人も多く、その場合「そこで認めなければ証拠はないのになあ」と思わせる時があります。
シリーズ最高傑作の呼び名も高い「別れのワイン」もそうでしたし、誇りとは少し違いますがウソの証拠によって人格が崩壊してしまう「ロンドンの傘」もそうでした。

「闘牛士の栄光」の監督は、「続猿の惑星」「ダーティハリー2」のテッド・ポストです。

↓犯人を演じたのは、「スター・トレック2 カーンの逆襲」でカーンを演じたリカルド・モンタルバン。

そうですね。あの回のオチはわかりづらいと思います。
おそらく、プライドというのが正解でしょう。...

質問した人からのコメント

2016/6/5 20:46:48

回答ありがとうございます!
最近の「証拠がないのか」と開き直る犯人より
ずっと滅びの美学をかんじますね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる