ここから本文です

地盤調査報告書の味方 注文住宅を建てるにあたり、鉄骨か木造か悩みましたがそ...

pin********さん

2016/6/815:26:15

地盤調査報告書の味方

注文住宅を建てるにあたり、鉄骨か木造か悩みましたがそれよりも地盤や基礎が大事とこちらで教えていただきました。

地盤調査はしていただいたことがあるのですが、見方がわかりません。

深さ1.25mでジャリジャリになり1.4mでガリガリそして貫通不可となっています
推定土質は粘土質
水位は1.4mまでなし

液状化の可能性は低い

こちらは地盤が頑丈といえるのでしょうか?

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
413
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

goo********さん

2016/6/908:50:27

建築上の地耐力の考え方をしっかりと理解する必要はありませんが、建築ではどのような理由で地耐力が必要なのかを知ることは間違いではありません。
地面が頑丈かどうかを問題にするのではなく、その地面にどのような方法で建築をするのかが重要です。
地盤調査の目的は、不同沈下の可能性を予測するために行われます。
地盤が頑丈かどうかではありません。
また、建物の重さによっても左右されます。
鉄骨ユニットでも軽量鉄骨と重量鉄骨では考え方も違ってきますし、木造構造であっても、面工法と在来工法では考え方も違います。
べた基礎がよいとされているのも間違いですし、布基礎が弱いと考えるのも間違いなのです。
そのうえに、基礎コンクリートの寿命も呼び強度の違いによって、さまざまですし、この概念すら知らない住宅営業はごまんといます。
地盤調査を行った業者にしっかりと相談者側が理解できるような説明が行うことができないようでしたら、その担当者に大きな問題があると言えます。
いずれにしても、地盤調査を行ったのであれば、行った業者によく聞くことです。ネットの住人に聞いても、正しい回答は得られません。
住まいづくりの常識や正しい手順が知りたい、あるいは失敗しない住まいづくりの手法やアドバイス、相談をしたいのであれば、住宅の専門家、住宅コンサルタントにお聞きになるのが最良の方法です。

  • 質問者

    pin********さん

    2016/6/920:23:47

    詳しいご説明をありがとうございます。
    地盤調査はHMがしてくれたのですが、そこは早々に候補から外れた為結果の資料だけ手元にきた次第です。
    契約予定の会社は契約後地盤調査になるそうなので、結果がでたらくわしく聞いてみます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nan********さん

2016/6/816:00:02

地盤調査や地盤改良は 契約したハウスメーカーや工務店が、一方的に測量して、一方的に値付けして、施主が全額負担ですから 任せとけばしっかりやってくれます(インチキするかもしれないという根拠がない)。っていうか、施主が口出しできる要素がありません。

契約を取りたいがために、安く見積もって手抜きするってのは 中小ではあるかもしれませんけど。

abu********さん

2016/6/815:33:49

粘土質の土質は圧密沈下といって、上から圧力がかかると(家を建てると)じわじわと水分が抜けて、沈下していくという性質があるので、お勧め出来る地盤ではありません。
ただし、その粘土質のさらに下に堅固な支持層があれば、そこまで杭を打って処理する事も出来ますが、今回の相談ではそこまで書かれていないので、回答出来ません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる