ここから本文です

座禅と瞑想が違ってしまう理由を教えてください。 座禅は「内面の心理を探求す...

jin********さん

2016/6/816:00:15

座禅と瞑想が違ってしまう理由を教えてください。

座禅は「内面の心理を探求する」目的のもと、公案や只管打坐を行うものと簡単にしましょう。
対して瞑想は様々な種類があります。

インド仏教が行う瞑想や、ヨガで行われる瞑想。というか座禅も瞑想の一種と言って相違ないかもしれません。

中でも僕が注目する瞑想は、シュリ・チンモイが行うような種類のもので、その効果として、脳のリミッターを解除し、人間の能力を引き出すといったぐらいでしょうか。
しかし、やり方は結局広範な「瞑想」と大差ありません。只管打坐もそうですが、座って深呼吸して集中するといったことであらゆる瞑想のやり方を説明できませんか?
なのに、これほどまで得られる効果に違いが出てくるのはなぜでしょう。やはり、目的を意識することで、効果はその目的により変わってくるのでしょうか。
つまるところ、やはり、瞑想において大事なことは自分の思い込みー脳の開発でしょうか。引き寄せの法則同様、「心をからにし心理にたどり着こう」とおもうことで、臨済宗のように座禅でその境地に達し(達せるかどうかは別の話ですが)、「脳のリミッターを解除しよう」という目的のもと集中して瞑想することで、シュリ・チンモイのように片手で小型飛行機を持ち上げられる(彼はいわゆる「火事場の馬鹿力」を意図的に行えるとデモンストレーションしました)ようになるのでしょうか。
それとも、それぞれの瞑想の方法にはプロセスに明快な違いがあるのでしょうか?

閲覧数:
1,657
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aks********さん

2016/6/1008:40:24

坐禅は「当事者」になろうとする、冥想は「傍観者」でいようとする。
悟りとは迷いの当事者になることである、迷いとは悟りの傍観者になることである??じゃないですか??

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

wmt********さん

2016/6/1011:03:02

私がこの手の話で思うところ。

座禅は、正しい姿勢を用いて、機械的に思考を調整していく方法論。
身体意識の生成というか自覚によって、心を鎮めていきます。
生理学的に、例えばよく言われるような半眼とか、私が重視している、臍下丹田、正中線の自覚とか、こういうのは生理学的にそういう作用をもたらす。心身不離の原則、って話からそういう風になってくる。

ヨガなんかは、本来はこっちだよ。身体意識を自覚するために、わけのわからんポーズで、自分の体の状態を観察していくわけ。
ただ、そういうことができるように成る為には、脳の仕組みから変わってこなければいけない。特に小脳の機能が向上しないと、バランス感覚とか、常人から見てありえねぇーな、っていうような話は出来ないわけです。

で、私自身思うのが、これが上達すると、生きている実感というか、生命力の躍動を半端なく感じるわけですわ。当方40代前半ですが、20代の頃より元気ですもん。

で、面白いのが、自然と、仏教でいうような三毒が統制できるようになった。
欲はあるんだが、それに囚われていない。叶うなら叶えるし、叶わないのならそれもまた良し。そういう風に自然になりました。これが、メッキじゃないんですよ。

もちろん、これがどうした?って言われれば、まぁ、生命力が高まっただけですね。って話で、社会に適応できる人格が向上したとか、そんな話じゃないです。
むしろ、娑婆の価値観がアホらしくなってきたのが、本当のところで・・・。気分的には出家しているわけだわ。実際は、衣食住含め、娑婆に面倒見てもらっているわけだが。

ゆえに、道元禅師は、ただ坐れ、だったのかと思います。私も、なんのこたーねぇー、心身統一状態が出来れば、わけのわからん説法も、お経も必要ねぇーな、これ。って思いますもん。ただ、俺は臨済宗がどんなことを教えているのかは知らん。興味もない。


瞑想は、そういうのは抜きにして、心を鎮めていく。まぁ、深呼吸というか呼吸に集中したり、体の状態に集中していく方法論が多いと思います。で、普通に質問者様の質問に答えるのなら、

癒しの瞑想や気づきの瞑想、って言うのは、心が妄念・雑念、思考などに囚われるまえに、気づきなどで心を満たしてしまえ、っていう作戦というか方法論だとの認識です。考案とかはまさにそれ。人として心地よい感情や、どうでもいいことで頭をいっぱいにしておけば、妄念・雑念が入り込む隙がないでしょ、っていうやり方。

当然、満たしておくもので、結果は違うでしょうね。仏教の様に、癒しの瞑想って話で、慈悲の心で満たしておけば、そりゃ、心穏やかな境地を感じられますよ。他も然り。深呼吸とかによって変性意識状態に持ち込んで、そこでの屁理屈ですがな、ってもん。潜在意識化では何でもありなんですから。神とかそういう概念を思って変性意識状態になれば、そりゃ、そういう神秘体験みたいなもんが起こっても不思議じゃないけど、だからどうした?っていう考えがないと、ヤバい方向へ進む。だいたい、カルト教はこの辺で間違っているから。

その飛行機を持ち上げた話は知らんが、催眠術なんかでもそうですが、変性意識状態になると、火事場の馬鹿力みたいなもんも、出ることもあるんでしょうよ。ただ、私に言わせれば、だからなに?なんですよね。ユリゲーラーがスプーン曲げたー、だからなに?っていうのと同じ。(彼は、ただの詐欺師だと思いますけど。ちなみにサイババもただの手品)

ino********さん

2016/6/908:23:16

「想いは頭の分泌物」
その想いを追いかけ回したり、その中には坐り込んでいるのが瞑想です。
「頭手放し」
湧き出る想いに関わらずいのちのままにただ坐るのが坐禅です。

想いつまり意識脳を働かせてみたところで絶対に生命の真実には届きません。これが真実と想ったところでそれはもう想いの一片でしかなくなってしまいます。
体験ですからいろいろやってみるのもいいかも知れませんが、畢竟帰する処は想いを手放した只管打坐だけなのです。
その時無意識脳がフル回転しているのです。

om_********さん

2016/6/822:55:29

>それとも、それぞれの瞑想の方法にはプロセスに明快な違いがあるのでしょうか?

一時期瞑想についてはかなり調べましたが、

①禅

②テーラワーダ仏教のサマタ瞑想

③テーラワーダ仏教のヴィパッサナー瞑想

④チベット仏教の瞑想

は分けた方が良いと思います。

(本当はチベット仏教の瞑想の中がさらに細かく分かれて、禅、サマタ瞑想、ヴィパッサナー瞑想、ヒンドゥー教不二一元論の観照、に近い瞑想もあり、さらに諸尊を勧請するという神降ろしに近い行法もありますが、今は割愛します。)

最近の医学的研究でも、禅・ヴィパッサナー・チベット仏教の瞑想は効果が違うという研究があります。(特定の能力向上に関してチベット仏教の瞑想だけが効果的だという内容でした。)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

dri********さん

2016/6/817:12:39

神の聖霊が言葉を照らすことによって、意図が生じ、意図は通常同じ対象を選んでそこに固着する。その固着は、ありていな言葉でいえば、「判断」によって起こる。
この固着によってできたものが「理性」と通常の「世界」である。

最初に禅に触れる人がぶつかるところの、あなたの言葉でいう「リミッター」はこの固着なのだが、本当はそれが壊れたところで与えられる世界の説明は、それまでの世界の説明と異なる。
もっと選べるものは多く、それを選ぶ力は聖霊によっている。

その「もっと多く選べるところのもの」というのは、たとえば夢がその導線である。

あなたが、素人の目で見て、禅をしてきた人と、クリスチャンと、どちらがわがままで、またどちらが派手な奇蹟を行ってきただろうか。
多分、一見愚かでわがままなクリスチャンの方が、これまた一見派手な奇蹟を行っている。
たとえば禅をしていても、別の場所に出現する(バイロケーションする、ドッペルゲンガーする)とか、空を飛ぶ、というところまではなかなかそういう話には触れないのではないか?

リミッターを外すということはとても重要なことだが、それ自体はひょっとすると大きなことではないのかもしれない。そこでは人は確信を持ち、悟りを得るかもしれないが、多分突然空を飛んだりはしない。道は別々ではないのかもしれないが、そこから先の説明を彼らは持っていない。リミッターを外すこと自体は、確かに難しいことかもしれないが、しかし、それほど困難なことではなく、誰にでも起こりえること、たとえば六祖慧能が金剛般若経の読誦を聞いてハッと得られるものだと思う。それ、1時間も経ってないでしょ?
強い願いのようなもの、信仰のようなもの、そのようなものが、別の世界で別の何かを開く力を与えてくれるのです。その時には、一見理にかなっていないいくつかのこと、女を抱くことにうつつを抜かしてはいけないとか、いろいろなことが関係してくる。それがやっていることは、いつでも飛べるという霊的冒険心を持つことと同時に力を保つことなのです。アトスみたいなところで、女から遠ざかって、かといって一生マリアさんのイコンに伏拝しながら、一日数時間の祈祷と作業に従事している修道士さんというようなものを仏教的基準で見ると馬鹿に見えるかもしれない。
そうではないんだ。それにはそれなりの証というものがあるんです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる