ここから本文です

主人が急逝して11年経ちました。 先日、知らない弁護士事務所から突然手紙が来ま...

アバター

ID非公開さん

2016/6/1100:58:15

主人が急逝して11年経ちました。
先日、知らない弁護士事務所から突然手紙が来ました。
内容はこのようなものです。
「当職はご貴殿の夫であった○○氏の相続財産管理人となった弁護士です。

○○氏については債権者である○○都税事務所が申立を行ったものですが、現在当職が財産の調査を行っております。
そこでご貴殿から故○○氏の財産(特に負債)状況についてお伺いしたく連絡をしました。
ご貴殿が相続放棄をなさっていることは承知していますが、ぜひご協力をお願いします」
というものです。

主人との結婚生活は11年半。
当時主人はフリーで仕事をしており、急逝後、仕事関係や飲み屋等いろいろな人が「お金を貸していたから返せ」と私に言ってきて、総額1000万以上になりました。貸したと言っている人は借用書もない人もいて、誰が真実を言っているのかわからない状態だったことと、返済できるお金を私が持っていなかったため相続放棄をしました。
相続放棄と言っても貯金等は無く、10坪の土地を持っていただけで、土地は国のものになりました。
叉、主人の両親からも息子に貸した金を返せなどと脅されたりしたこともあり、私は旧姓に戻して婚姻関係終了届も出しました。

11年も経った今、なぜこのような手紙がくるのか。何が起こっているのか、わかる方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。

閲覧数:
78,369
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pot********さん

2016/6/1104:28:47

あまり難しく考える必要はありません。

その弁護士が本物の弁護士か、インターネットで確認できます(本物の弁護士だと思いますが)。

本物の弁護士であることを確認したら、届いた書面にしたがって、「故○○氏の財産(特に負債)状況について」出来る限りでいいので、回答してください。

亡くなった御主人の相続の処理が終わっていないからです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kok********さん

2016/6/1721:20:26

相続放棄をしているのですから、すべて無視すれば良いともいます。文面からも詐欺だと思われますから。

kou********さん

2016/6/1107:35:21

書類を送ってきた弁護士に聞くのが確実だと思います。

想像するに、債権者の一人が元旦那名義の土地があるのに気づいて、それを原資に返済を受けようとして、手続きを始めたということではないでしょうか。

ちなみに相続放棄をして相続人がいなくなっても、当然に遺産が国のものになるわけではありません。相続財産管理人が事後処理をして余った物が国庫にはいります。
なので、土地が国のものになったというのは、質問者さんの思い込みです。
所有者がいない宙ぶらりんの状態にあっただけです。

これから相続財産管理人が元夫の借金を調査して、土地を売って借金を返すことになります。そのため、借金が誰にどれくらいあるのかを調べているわけです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

zac********さん

2016/6/1107:34:18

土地が国のものになった、ということが確実なのであれば、相続財産の処理はもう終了してるはずですし、今更相続財産管理人が現れるはずもありませんよね。

債権者がいたのであれば、たとえ10坪でも差し押さえて競売したはずですし。
なので「極めて疑わしい状況」である、と言えます。

まず、家庭裁判所の相続財産管理人選任審判書を確認してください。

そのうえでなければ何も回答できません、とおっしゃればいいわけです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる