ここから本文です

厚生年金保険の給付乗率についての質問です。老齢厚生年金の場合、昭和21年以前に...

zen********さん

2016/6/1211:26:09

厚生年金保険の給付乗率についての質問です。老齢厚生年金の場合、昭和21年以前に生まれた者はその者の生年月日に応じて読み替えるとされていますが、なぜ昭和21なのでしょうか?

また障害厚生年金の場合は生年月日に応じた読み替えがなされませんがこれはなぜでしょうか?

閲覧数:
500
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

shi********さん

2016/6/1415:33:27

<昭和21なのでしょうか?>

厚生年金保険の給付乗率についての質問の内容は、平成12年の改正でできた制度です。
そのときの平成12年改正法附則20条2項に、「前項第1号に掲げる額を計算する場合においては,第15条の規定による改正前の昭和60年改正法附則第59条第1項及び附則別表第7の規定はなおその効力を有する。」とあり、

12年の改正時に、昭和60年改正時に作られた 別表7の昭和21年4月1日までに生まれた人についての乗率を引き継いでいるからですね。

法律が改正されたからと言って、過去の法律で取り決められたことを、ご和算にするから忘れてくれということもできないでしょうから。

<障害厚生年金の場合は生年月日に応じた読み替えがなされませんがこれはなぜでしょうか?>

短期の加入期間で支給を受ける人が多いので、読み替えをしないのでしょうね。読み替えは、加入期間が長期であれば、金額に大きな影響は出ますが、短期であれば読み替えるほどの意味はないでしょうから。

これについての考え方は、読み替えのない遺族厚生年金の短期要件と同じですね。

質問した人からのコメント

2016/6/14 18:00:34

ご丁寧にありがとうございました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる