ここから本文です

秋田の人食いツキノワグマはエゾヒグマとのハイブリッドでしょうか?

rum********さん

2016/6/2123:35:03

秋田の人食いツキノワグマはエゾヒグマとのハイブリッドでしょうか?

体格も通常のツキノワグマより大きいようです。
エゾヒグマは津軽海峡を泳いで渡れると言いますし、可能性はゼロでは無いのでは無いかと思っています。

皆さんの専門的な意見、ウィットのあるコメント、ボケた回答などをお待ちしています。

閲覧数:
2,346
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nor********さん

2016/6/2318:34:21

津軽海峡は間違っても渡れません

誰がそんなホラを吹くんでしょうか?

質問者の頭の悪さが露呈されてるだけですよ

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「ツキノワグマ 人食い」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ask********さん

2016/6/2606:50:58

秋田は通常のツキノワグマで、かつ複数犯の線が濃厚かと。
6月10日にメスグマが駆除されましたが、日本ツキノワグマ研究所の米田氏の見立てではこれは便乗犯でオスの実行犯クマがまだいると考えられるとのことです。
5月30日にあった親子連れが襲われた事件も明確な捕食行動ですよね。

①親子で山菜取りに入る。
②母親がクマに襲われ噛まれる。
③息子がナタと長い木の棒を使ってクマを威嚇、母親救出
④母親を逃がした後息子は威嚇しながら後ずさりするも、クマは2mほどの距離を置いて離れず追跡。
⑤木の棒でかなり強く突いてもひるまず、そのまま数十メートルつきまとわれつつ後退。
⑥開けた場所に出てようやく脱出に成功

通常のツキノワグマより大きい、と仰いますが
ツキノワグマの日本レコードは1960年代に宮城県で捕獲された220kgの個体ですし、2000年代でも200kgの個体が捕獲されています。私自身の経験なのでソースを示すことができないのですが、大規模なデントコーン畑を餌場にしていたツキノワグマからの被害案件で170kgの大物を扱ったことがあります。百キロ代後半くらいの個体はそこそこ居るのではないでしょうか。

また、体長1m、と仰いますが、四足の獣の体長は鼻先から尻尾の先までの長さです(※このため尻尾が長いハクビシンなどは体長80cmとかになります。本体はネコよりちょっと大きいくらいなのですけれど)ので、立ち上がって人間を襲う場合後ろ足の長さが加わるので体高150cmくらいになるかと。
人間とあまり変わらない大型動物で、さらに身体能力は人間とは比べものになりません。
ツキノワグマの人食いの事例もたくさんあります。人食いをしたから肉食のヒグマが何か関与している、とお考えになるよりも、ツキノワグマについての情報を集め、ツキノワグマの実態を把握されることをお勧めします。

2016/6/2214:50:06

それはないと思いますね。
でもヒグマが津軽海峡を渡って来るとしても、青森が限界ではと思います。
青森なら、ひょっとすればと思いますが。

ヒグマくらいの大きさのツキノワグマが出たと言う話は聞いたことがありますけどね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる