ここから本文です

・・・シリアの人とフランスの人とでは命の価値がちがうんですか? 高3の女子...

s_n********さん

2016/7/2101:21:44

・・・シリアの人とフランスの人とでは命の価値がちがうんですか?

高3の女子です。

さっき、ネットのニュースでアメリカ主導の空爆で、シリアの民間人が一月で100人以上死亡したと、書

かれていました。

そんなニュース、テレビでは見てないし、たぶんやったとしてもその時だけで、何日もニュースでやらない気がします。

でも、こないだあった、フランスのテロ事件はいまだにやっています。

人数の問題ではないのかもしれないんですけど、フランス人は80人で、シリアの人は100人以上亡くなっています。

どうして、こんなに報道に差があるんでしょうか?

フランスは日本と仲よしだからですか?

なんか、同じ人間同士なのに、報道にすごい差があってビックリです。

せめて、シリアのニュースも、テレビで報道くらいしたらいいのにって思いました。

そう思いませんか?

なんか、日本がイヤになりました・・・

閲覧数:
329
回答数:
10
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

poi********さん

2016/7/2101:51:45

シリアは紛争地域、フランスは別に紛争中ではない・・・
この違いでは?

アメリカ主導の空爆が無かったとしても
シリアの民間人は毎日のように死んでいます。
政府軍と反政府軍による内戦中なのでそれが日常茶飯事なんです。
(というか死亡者の大多数が多分一般人です)

戦争が起こっていて毎日民間人がどこかで亡くなっている国と
そういった問題が無く突然テロなどで
人が一定数亡くなった国の場合、
後者の方が大きく取り上げられるのは良くある事かと。

質問した人からのコメント

2016/7/28 00:08:48

ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ryu********さん

2016/7/2223:03:27

実際、フランスは今後、日本の要となっていきます
その時が来たら分かるでしょう。
東日本大震災の時も同じです。
多分、何を言っているか分からないでしょう。
とにかく人、いや生物の命は平等です
決して差別をしてはならないと思っています。
まぁ政府高官、防衛省高官、フランスのアレグァ社、サルコジ元大統領には
上記の内容が分かるかな

izu********さん

2016/7/2118:51:34

2012年夏、シリアのすぐ近くまで行きました。フランスも4回行きました。命の重さは平等です。夏休み、ぜひシリア近くへ行ってみてください。あなたの世界が変わります。

gik********さん

2016/7/2118:48:15

欧米では、ついこのあいだまで、白人、黄色人、黒人、類人猿の順で、命に価値をついけていました。奴隷としてアフリカで買い集めた黒人が、アメリカに送られる船の中で病気になると、そのまま海に捨てたそうです。欧米人には今でもそのような感覚は残っているはずです。シリアもフランスもありません。
原爆を白人のドイツに落とさずに黄色い日本に落としたのも、命の価値が違ったためとも言われています。

dum********さん

編集あり2016/7/2115:13:10

きれいごとは言いません。
私も日本以外の国での、テロや紛争の被害者は、単にかわいそうだと思うだけで、それ以上の感情はないです。

しかし、イスラム圏のテロに対してアメリカを中心とするNATO諸国が、空爆などによる報復をしても、ほとんど無意味です。
あの連中は、自爆テロをやるほど、死ぬことを恐れてません。

アメリカは、国防総省やCIAなどに何万人の職員を抱え、作戦担当者には超天才という人もいるはずですけど、イスラムの考え方を根底から、覆すようなことを考えない限り、いつまで経っても変わらないと思います。

もちろん、私などには想像もつきませんが。


質問者様が、日本をキライになることは、全く自由だと思います。

罪悪感を持つ必要ありませんし、好きになることも自由だと思います。

unk********さん

2016/7/2112:14:00

まず、人の命に限らず、価値というものは人によって違います。あなたの大切なものが他人にとっては大切でない場合があるのと同じです。

そして、誤解を恐れずに言うと、私個人の場合、シリアの人達の個々の命もフランスの人達の個々の命も全く関係のない人達ですから、少なくとも私にとっては命としての価値はほぼ感じられません。
逆に、亡くなった人自身に命の価値があるのは言うまでもありませんが、その家族や知人にとってもその命に大きな価値があると思いますし、自国の人の死に対して悲しみを抱く人にとっても幾ばくかの価値があると言えるかもしれません。

では、日本における報道で仰るような差があるのは、日本人にとって両国の人たちの命の価値に差があるからなのでしょうか。

答えは違います。そもそも、ニュース報道は死んだ方々を弔うことを主な目的としているのではありません。日本における報道は日本国民にとって様々な意味で有益な情報だと思われるから報道として取り上げます。つまり、日本国民にとって両国の人の命に差があるから報道に差があるのではなく、日本人にとって情報の価値に差があるから報道のされ方に差がつくのです。

また、事件の規模によっても、報道のされ方は変わります。事件の規模は単に死者の人数だけで決まるのではありません。事件の背景、自国に対する影響(仰っるようにフランスが日本と友好関係にあることから関心度が違うことも一つの理由)や、死者の数にしても紛争地での死者の数と治安のよい非戦闘地での死者の数は全く意味が変わってきます。色々な要素を総合的に勘案し、日本国民にとって情報の有用性に差が出た結果、報道のされ方が変わってくるということです。

死者の数は分かりやすい指標なのでそこだけに目が行きがちですが、報道で伝えたい情報の一部分だということを理解した上で情報を読み込んでみて下さい。
そして報道の差は決して日本人が差別的に両国の人たちの命に差を付けた結果ではないので、どうか日本をイヤにならないでください。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる