ここから本文です

太宰治の「人間失格」を読もうと思っていたのですが、今までどんな内容か本当にさ...

whe********さん

2016/7/2800:42:11

太宰治の「人間失格」を読もうと思っていたのですが、今までどんな内容か本当にさっぱりしらなかったのですが、ネットで評価とか見てるとなんだか暗い話のようですね…、私はハッピーエンドが好

きなのですが「人間失格」はハッピーエンドですか?笑
もしバッドエンドだとしても読むべきでしょうか?

閲覧数:
331
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

xyz********さん

2016/7/2820:56:51

バッドエンドです。 しかし 魂が揺さぶられる作品ですのでぜひ1回は読んだことがあるといいと思います

質問した人からのコメント

2016/7/29 14:34:10

皆様ありがとうございます。
読ませていただきます。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ちまさるさん

2016/7/2800:43:46

えーと、登場人物が全員死にます。

まぁ生きてたら長寿ギネスですが。

mot********さん

2016/7/2800:43:49

ハッピーエンドではないです。しかし私は読む価値あると思います。

tuk********さん

2016/7/2801:06:09

私は、その男の写真を三葉(三枚)、見たことがある。

この書き出しで始まるある男の三葉、すなわち幼少期、中学生時代、高校生から廃人同様になるまでの苦悩を描いた手記です。

本当の自分を誰にもさらけ出す事のできない男が道化を演じながら孤独な生涯を送る物語です。
「恥の多い生涯を送って来ました」というフレーズはあまりにも有名でインパクトがあります。

本性をさらけ出す事も出来ず、人と向き合う事に恐れを感じている男には何故か黙っていても女性が寄って来るのです。

アルコールやタバコ、そして女性に溺れ、左翼思想を抱きながら堕落して行く事で自分の抱く恐怖心から一瞬でも解放されているような気分に陥り、罪の意識を感じながらもどんどん深みにはまって行くのです。

絶望の淵に立ちながらも一人の女性と知り合う事によって、人並みの幸福を手に入れるも束の間、ある事件がきっかけとなり再び深い絶望感からアルコールに溺れ、自殺未遂にまで至ってしまうのです。

治療のために使用したモルヒネがきっかけとなり、モルヒネ中毒に陥り男の堕落した人生は留まることなく降下し続けます。最終的には脳病院へ入院させられ狂人となり、自分は人間を失格したのだと思いつめる主人公はあまりに痛々しく感じます。

作者自身がこの作品を完成後に自殺していることから自伝的小説とも遺書的小説とも言われいる作品で、読み手にも非常に大きな影響を与える作品ということが出来るでしょう。

これでもかこれでもかというような追いつめられる物語です。
私は太宰が好きですがそれは彼が正直な人間だからかもしれません。

でも指定図書じゃない限り、もっと違う心に響く本を読んだほうがいいと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる