ここから本文です

膝の離断性骨軟骨炎からスポーツ復帰についてお尋ねいたします。17歳男子・野球部...

denkanchuugokuさん

2016/8/608:00:02

膝の離断性骨軟骨炎からスポーツ復帰についてお尋ねいたします。17歳男子・野球部(投手)で、添付ファイルの分類中の右上「infero-central(大腿骨内側中央)」のように左膝が受傷してます。

現在、膝のスポーツドクターにお世話になっており近日中に手術して頂く予定です。
以下、その先生の診断結果です。
①CT画像によると軟骨が完全に遊離しており、欠損面積も広く(まさに添付ファイルのような形状で欠損部の大きさもよく似ている)、第1には遊離体を再利用して欠損部を埋める事を試みる。
②上手くいかなければ骨盤の骨を移植する。
③培養する手法は高校球児である事を考慮してファーストチョイスとしない。

私も混乱していて先生に聞き洩らしたのですが、類似の手術を経験された方にお聞きします。

❶スポーツ復帰までの期間はどうでしたか?
➋欠損面積は皆さんの場合に比べて広いでしょうか?
❸一旦完治の後に膝の炎症などの症状が出ましたか?
❹その他、特徴的な事があれば教えてください。


このドクターは名医の誉れ高くとても信頼しています。そのため治療方針は全面的にお任せしていますので、治療法方針に対するご意見はご容赦下さい。
ただ次に会ってお話しを聞けるのが10日近く先になりますし、実際に経験した方のお話しも伺ってみたいと思います。

高校野球はもちろんその先の人生もありますので親としてはとても不安です。
よろしくお願い致します。

離断性骨軟骨炎,infero-central,欠損面積,添付ファイル,スポーツ復帰,リハビリ,手術

閲覧数:
1,116
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

asiwasathingさん

2016/8/823:06:53

私は肘ですが離断性骨軟骨炎で軟骨が完全に遊離してしまっていて、肘の軟骨をとり膝の軟骨を移植する手術をしました。
まず1の質問については、週3でリハビリに行き約1年病院に通っていました。
2の質問について欠損面積は肘なのでなんともいえませんが、かなり悪化していた状態でした。
3の質問の炎症は、先生に投げすぎたら冷やすように言われていたので激しい炎症はありませんでした。
私はこのようでしたが個人差はあると思います。
それと手術内容や手術後のリハビリなどについては本当に詳しく聞いておいた方がいいです。
この時期のケガは不安だと思いますががんばってください!

  • 質問者

    denkanchuugokuさん

    2016/8/1117:33:47

    返事が遅くなって申し訳ありません。
    やはりリハビリ期間は1年にもなるのですね。
    スポーツ復帰はもっと早いと期待しています。
    手術は無事終わりましたが手術後のリハビリなどはよく聞いておきます。
    回答、ほんとうにありがとうございました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。