パート主婦です。 クラウドワークスなどで収入があり、このままいくと年収20万円以上は超えるか微妙なところです。 必要経費などはないに等しいです。

パート主婦です。 クラウドワークスなどで収入があり、このままいくと年収20万円以上は超えるか微妙なところです。 必要経費などはないに等しいです。 20万円を超えた場合「雑所得」ではなく、「個人事業」扱いされるようですが、 20万以上の収入→来年確定申告するとどうなるのでしょうか? 税金を納めることになるのでしょうか? その場合いくらくらいになるのか調べてみましたが、答えにたどりつけなくて…。 どなたか教えてください。

消費者問題 | 役所、手続き1,398閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

20万円を超えた分に対して課税されます。 つまりほんの僅かな所得に対して、所得税と住民税が適用されます。 課税所得の一万円単位に切り捨てた額に所得税の税率が5%掛かります。 住民税はその自治体で異なります。 在宅なら、経費としては、部屋の電気代の半分、ネットを使ってたら通信費の半分、携帯電話の通信経費、郵送料、ネットで課税するためのパソコン、ICカードリーダー、プリンタ、用紙、インク等が経費として認められる可能性があります。 自分で計算して判断してください。 きちんと計算していれば認められます。 そうして計算して課税所得が20万円以下の場合は、申告が不要です。

その他の回答(1件)

0

下のカテマスの回答は間違いですね。 ここのカテマスは、おかしな人が多すぎます。 20万円以下だと確定申告が必要ないだけで、確定申告すれば稼いだ金額全体に課税されます。 20万円以下が非課税なのではありません。 そして20万円以下でも不要なのは所得税の確定申告だけです。 確定申告をしない場合は、自治体にパートと副業の全部の所得を申告して10%の住民税は必ず支払う必要があります。 経費については、税務署の担当者次第なので色々書いておいて、却下されたら、その分はあきらめるしかありません。