ここから本文です

弁護士って、人間のクズが多くないですか?

lokiblessさん

2016/8/308:15:19

弁護士って、人間のクズが多くないですか?

大渕愛子弁護士、1カ月の業務停止処分 弁護費用でトラブル
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n387594
日本テレビ系の「行列のできる法律相談所」に出演している大渕愛子弁護士(38)が、相談者と弁護費用について、トラブルとなり、東京弁護士会から、1カ月の業務停止処分を受けた。
大渕弁護士は「相談して連絡させていただきます。ごめんなさい、すみません」と話した。
東京弁護士会などによると、大渕弁護士は2010年、相談者の女性から相談を受けた際、17万8,500円の着手金や顧問料などを請求した。
しかし、相談者は、経済的に余裕がないことから、法テラスが着手金を立て替えることが決まった。
この法テラス制度を利用した場合、弁護士は、相談者から直接それ以上の費用を受け取ることができない決まりになっているが、大渕弁護士は、相談者にさらに顧問料などを請求し、支払わせた。
東京弁護士会は、こうした行為を「弁護士の品位を失うべき非行」と指摘した。.


17万8500円の着手金!!
経済的に困窮している人にとったら、いくら何でも高過ぎない???

「行列のできる法律相談所」って、橋下も出演してましたね。
何だか問題のある弁護士が、多く出演してる番組のような気がしませんか?

もちろん、被害者の為に、困っている人の為に、必死に尽力してくれる弁護士さんがいる事も理解していますが、カネの為にどんな汚れ仕事でもするような弁護士もいますよね?
例えば風俗店の顧問弁護士とか、貧乏人から借金の取り立てをする弁護士とか。

補足大渕氏の説明と弁護士会が公表した文書によると、大渕氏は2010年10月、依頼人女性から離婚に伴う養育費請求の依頼を受任した。その際、着手金17万8500円と月々2万1000円の顧問料の支払いを受ける約束を交わした。
その後、女性は報酬支払いについて法テラスの援助制度を利用し、大渕氏は法テラスから12万5000円を受領した。法テラス利用者から弁護士が報酬を受けることは禁止されているが、大渕氏は依頼人から、約束した着手金からの不足分と顧問料5か月分の計17万8500円を受けていた。

依頼人は不当な支払いであるとして、11年6月に弁護士会を通して返金を求めたが、大渕氏は拒絶。同年10月、会役員の説得を受け、ようやく返金に応じた。

東京弁護士会,大渕弁護士,大渕愛子弁護士,着手金,相談者,弁護士,貧乏人

閲覧数:
2,446
回答数:
18

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2016/8/617:29:41

明らかに多いです。後、教師も多いですし、医者や政治家も多いですね。
100年前から(先生と呼ばれる人間にはろくな奴はいない)と言われてましたが今もその通りです。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/17件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2016/8/922:54:48

弁護士なんて基本的に人間のクズ

kibou12002さん

2016/8/921:22:15

弁護士という人たちに対しての嫉妬、やっかみだろ(笑)

xzxzfgfgさん

編集あり2016/8/920:40:48

こういった弁護士がいると、他弁護士に迷惑だと思います。

akuma3189さん

2016/8/821:28:46

でもしっかりランドセルもいいやつ買っているし小学校もしっかり良いところに行ってるからクズでは、ないと思うだけどもやっぱり音楽の授業の時おんちだけどね
今思えばお前が宇宙で一番バカでアホでおんちでミスばっかりしている奴だけどね♪
ダサいダサいダサいダサいダサいダサいダサいダサいダサいダサいダサいダサいダサいダサいダサいダサいダサいダサいダサいダサいダサいダサいダサいダサいけどちんちん大きかったみんながそう言っているよ
うけるーうけるーうけるーうけるーうけるーうけるーうけるーうけるーうけるーうけるーうけるーうけるーうけるーうけるーうけるーうけるーうけるーうけるーうけるー

weryupioiさん

2016/8/523:45:13

「弁護士って、人間のクズが多くないですか?」という質問ですが、現在、弁護士は約36000人いて、大渕愛子弁護士はその一人です。

http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/jfba_info/statistics/data/w...

その他にも色々問題ある弁護士はいると思いますが、弁護士という職種において人間のクズが多いと評価できるか。僕は、別に多いとは思いません。一般に弁護士は、社会的にも信頼される(べき)職種なので、高度な倫理観が必要だとは思いますが、だからといって、大渕弁護士の行いを挙げて、鬼の首を取ったかのごとく弁護士全体を批判するのはおかしいと感じます。
もちろん大渕弁護士がやったことは簡単に許されるべきものではありません。もともと法テラスを利用できるのは生活に困窮した人なので、そのような人を苦しめたのですから。

ただ、弁護士の感覚として、このような案件で業務停止1ヶ月は重いな、という印象があります。
顧問契約も全て解除したり、受任事件を全て辞任しなければならないほどの品位を害する行為だったのか、というと、うーん、、と疑問を抱きます。

まあ、テレビに出たりしていた社会的影響力もあることや、返金を渋っていたのが、最大限マイナスに評価されてしまったのかな、と思います。
あと、養育費請求案件で顧問契約を結ぶのは初めて聞きました。これは驚きました。

なお、質問者は「カネの為にどんな汚れ仕事でもするような弁護士もいますよね?
例えば風俗店の顧問弁護士とか、貧乏人から借金の取り立てをする弁護士」と蔑視しているようですが、一方で、法律を遵守した依頼者(債権者)がいるのも事実です。例えば、ギャンブルで借金をこさえた貧乏人から借金を取り立てる弁護士はダメなのでしょうか。そのような貧乏人から取り立てるのはセーフというのであれば、誰がどうやって判断するのでしょうか。法治社会において、法律に従って権利行使する弁護士を批判するのはおかしいです。

風営法に違反する風俗店は摘発されてしかるべきだし、懸命に働いても生活が苦しく借金が膨れあがってしまった債務者は破産・免責手続を利用すればいいでしょう。
一緒くたに弁護士を批判するのは、浅慮と言わざるを得ません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。