ここから本文です

日蓮正宗の二祖である日興の正墓が、なぜ大石寺ではなく、日蓮宗の重須本門寺にあ...

dre********さん

2016/8/410:04:55

日蓮正宗の二祖である日興の正墓が、なぜ大石寺ではなく、日蓮宗の重須本門寺にあるのですかね? 日興は大石寺より重須本門寺の方が重要だったのでしょうか?
日興は大石寺には約10年、重須本

門寺には約35年居たそうですが。

閲覧数:
585
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fuj********さん

編集あり2016/8/622:07:04

日興上人は大石寺を日目上人に譲って、隣の地頭、石川孫三郎の要請を受けて重須に移って北山本門寺の基礎をつくり、同地で御遷化。そのため日興上人のお墓は北山にあります。大石寺からは歩いて行ける距離です。

日目上人のお墓は京都の東山にあります。現在は実法寺という寺の墓地ですが、日尊上人建立の大きな五輪塔が現存します。
日目上人は旅先の美濃の垂井で遷化されたので遺骨は日尊師が京都に持って行き天奏の後に現在地に墓地を賜って営んだそうです。

日尊上人は京都に上行院を開き後の要法寺の基礎をつくり、日郷上人は大石寺に帰り、小泉蓮藏坊に入り大石寺を主に経営し房総半島にも教勢を伸ばし保田妙本寺を開いたほかに、京都にも上り伝奏を幾度も遂げています。
当時の地頭南条氏の寄進状は全て日郷上人宛であるうえに日蓮大聖人の聖教類聚も保田妙本寺に現存するのが些か気になります。

質問した人からのコメント

2016/8/7 16:53:30

わかりやすい長文でのご回答、ありがとうございました。
参考になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fuj********さん

2016/8/420:36:00

そら、当然やがな。
重須に居らはって、弟子の育成されとったんやさかい。
葬式かて重須でやっとるんで。
墓あるのん当り前田のクラッカー言うもんやがな。
そない言うたらな、大石寺には日目上人のお墓も無いねんで。

sty********さん

2016/8/412:49:48

日蓮正宗信徒の者です。
重須本門寺は昔重須談所と言って、日蓮正宗の教学研鑽所でした。
日興上人様は大石寺で第三祖日目上人様に血脈相承された後、重須に移られ、天台教学の研鑽と弟子の育成に努められたのです。

何故日興上人様が重須に移られたのかは、重須の地頭石川氏の顔を立てられると共に、日目上人様と本六の弟子を、独り立ちさせるためでしょう。
ちなみに日興上人様から破門された五老僧の三人も、日興上人様の居られた重須に集まり、1331年の楠木正成の蜂起に、鎌倉幕府が鎮圧出来なかった事で、天下大乱となりますが、鎌倉幕府の弾圧から日蓮門下を守って来られた南条家が、北条家の一門として幕府方に味方したため、大石寺の日目上人様は【本門戒壇之大御本尊様】と『正御影様』を奉じて東北に避難されたため、必然的に重須が栄える事となりましたが、しかしそれ故に、戦国時代の武田勝頼 の焼き討ちで、大石寺が戦火を免れたのかも知れません。

ちなみに池田大作は現在、東京信濃町にある、創価学会が運営する「南元センター」の設計上存在しない5Fで、糖尿病のため両足を切断されて、二度の脳梗塞による障害で意思疎通も出来ず、喉から経官栄養を取る植物人間状態です。
聖教新聞等に登場しているのは池田大作の偽者であり、創価学会は組織的に嘘を吐いて、会員と世間を欺いています。

創価学会は人類史上世界最大の宗教詐欺ですよ。

f18********さん

2016/8/410:06:56

そうかね!

不思議だ。。。。。。。。。。。。。。。。。。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる