ここから本文です

HONDA GRACE HYBRIDとTOYOTA 現行4代目 PRIUSでは、どちらが好きですか? 理由も...

パピーさん

2016/8/600:31:23

HONDA GRACE HYBRIDとTOYOTA 現行4代目 PRIUSでは、どちらが好きですか?
理由も教えてください。

閲覧数:
210
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ydr********さん

2016/8/620:03:17

yahoo_yahoo123は信用しなくてよい。

さて、回答
ホンダグレイスですね。
かっこいいし、使い勝手抜群やで。

質問した人からのコメント

2016/8/7 17:26:35

みなさん、回答ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ccd********さん

2016/8/714:19:13

もう既に、ホンダには、
””HYBRID””専用車(アクア・プリウスの様な)全くありません。・・・・・

CR-Z、アコード、発売当初のジェイドなどハイブリッド専用車はあります。


早い話が、ガソリン車と同じボディー(プラットホーム)に、
重いバッテリー+モーターを追加して、そのパワーユニットを
変速機を介して、駆動の伝達をしてますが
概念が、電動アシストの領域を抜け出していないから、
本来の語源の意味とは、別ジャンルの代物に過ぎないのです。・・・・・・


>先代のフィットなどは開発当初からハイブリッドモデルを考えて、いつでもハイブリッドのタイプの追加販売がが出来る、他車も最初から両方のモデルを用意できるのは、ホンダのハイブリッドはトヨタ程も凝った設計ではなく、シンプルでコンパクトで軽量で安価ですから、実用性を殺すさずに、両タイプを両立出来ます。

シエンタのようにどちらも選べるタイプにすると、ハイブリッドのスペース占拠の為にハイブリッドで無いタイプも室内スペースが限られる欠点を持っている。

最近のホンダのハイブリッドは低燃費でもトヨタと互角、走りはスポーツハイブリッドと言えるパワフルで爽快な走り、しかもコンパクトで安価ですから、

電動アシストどころか、ある意味では進化の少ないトヨタ方式ハイブリッドの上を行く別物かもしれません、特にコンパクトクラスでは大切な事です。

DCT(変速機)だって、ドイツメーカーのパクリで、
採用はしてみたが・・電子制御が上手く行かず、
連続リコールの主な原因となって、
市場からの信頼を一気に失ってしまった。・・・・・

>DTCはドイツメーカーの製品ですが、最初からプログラムの制御のむつかしさを承知で前向きにあえて採用したものです。
残念ながら、完成の為の段階で何度もリコールをせざるを得なかったのは事実ですが、しっりと完成できる力が有った事は今の完成度を見れば分かります。

一時は不安を感じる人も居ましたが、未だにそう思うのは理解力の無い一部の人のみです。

プログラムの修正で、今は落ち着いているようだが・・
基本的に、設計思想が根本から不純だし、
間違っているんだから、救いようが無いですよ。

トヨタのパテントの網を、すり抜けながら、後追いパクリで、
似た様なものを、いくら作り直しても、追いつくことはできません。
何年たっても、網の中で迷って泳いでいるだけですよ。・・・・・・・・

>最初からトヨタとは向かう方向が違っていたからIMA等の未熟な性能でも安価でシンプルでと開発したモーターとエンジン併用車などですが、それらのノウハウの積み重ねがあった上に新たなる技術開発で最近のハイブリッド車が有りますが、それでも満足せず更なる進化し新型に移行して行くようです。


結論を言うと、
ホンダのは、「特にコンパクトクラスでは最先端のハイブリッド」と、言う事です。

業界では、何処もホンダとは一切の協力関係が有りませんから。
(技術協力・生産協力・資本提携・技術提携⇒何も無し・・・・

>ホンダは技術提携や資本提携などに頼らずとも一社でやって行ける技術力と資産や経済力を持っている唯一の国産メーカーです。

それでも未来の為に必要となればMGと技術提携をしています。

技術提携も独自性と自由な発想を重視するホンダに役立つ他の企業は有りません。

必要も無い資本提携を無理にすると、相手先が不調になると困るだけかも知れません。

某氏が貼られている相関図は、日本で唯一他社の手を借りなくても独立して世界に誇れる力のメーカーであるかを示しています。

iky********さん

2016/8/620:25:24

50のプリウスは
ダサすぎます。
世間一般的にも
大不評だと思います。失敗作。と

so1********さん

2016/8/609:56:51

プリウスですね
理由 燃費がいいから

yah********さん

2016/8/606:48:06

**↓***全くその通りですね***↓****************

hiroshi_r38さん 2016/8/605:31:32
好き嫌いの前にGRACE HYBRIDは車として厳しいかな?

******************************************

これからの回答で、
”GRACE HYBRID”の方が好きと、答える方は、
好き嫌いだけで・・車、其のモノを、理解できない方でしょう。


ホンダのHYBRIDと、トヨタのそれとは、根本的に違うんですが、
一般には、同列に扱われています。

もう既に、ホンダには、
””HYBRID””専用車(アクア・プリウスの様な)全くありません。


早い話が、ガソリン車と同じボディー(プラットホーム)に、
重いバッテリー+モーターを追加して、そのパワーユニットを
変速機を介して、駆動の伝達をしてますが・・・・・
概念が、電動アシストの領域を抜け出していないから、
本来の語源の意味とは、別ジャンルの代物に過ぎないのです。

DCT(変速機)だって、ドイツメーカーのパクリで、
採用はしてみたが・・電子制御が上手く行かず、
連続リコールの主な原因となって、
市場からの信頼を一気に失ってしまった。

プログラムの修正で、今は落ち着いているようだが・・
基本的に、設計思想が根本から不純だし、
間違っているんだから、救いようが無いですよ。

だから、””ホンダ・HYBRID””は、語源の意味を無視して、
勝手に、そう言いふらしているだけなので、
トヨタとは別物なのです。
(””電動アシスト自転車””の””自動車版””に過ぎないのです。)


トヨタのパテントの網を、すり抜けながら、後追いパクリで、
似た様なものを、いくら作り直しても、追いつくことはできません。
何年たっても、網の中で迷って泳いでいるだけですよ。

日産・スバル・マツダの様に、
トヨタから素直に、技術供与契約をしてるものは、本物ですがね。
(但し日産だけは、HVシステムとの相性が悪く、苦労していますね。)

スズキ辺りは、あえて「簡易HV」、
「S-エネチャージ」「マイルドHV」と呼んでいますね。
(ホンダの様に、図々しくないと言う事ですよ。)


結論を言うと、
ホンダのは、「ナンチャッテHYBRID」と、言う事です。

業界では、何処もホンダとは一切の協力関係が有りませんから。
(技術協力・生産協力・資本提携・技術提携⇒何も無し)

**↓***全くその通りですね***↓****************

hiroshi_r38さん...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

暇ろとさん

2016/8/605:31:32

好き嫌いの前にGRACE HYBRIDは車として厳しいかな?
年間走行距離が1万前後と少ない人には割と良い車です。
しかしガンガン使えて頼れる相棒としては非常に厳しいでしょう。

恥ずかしながらヴェゼルHVに乗っていますが買い替え検討中.....
こちらグレイスHVと同じハイブリッドシステムを搭載しています。
第二世代になり熟成されたと言われるMC後ハイブリッドも検討しました。
以下はガッツリ1.000km走って問題状況を全て確認した試乗記です。
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n333593
現在も相変わらず課題山積みのブッ飛ぶ車でした........
特にプリウスが10年前に越えた課題が残っている点は残念ですね。

2代目プリウスも約20万km乗りました。
とにかく信頼性高くガンガン使える道具として魅力的!
4代目も同じく信頼性の高さを引き継ぎつつ熟成されていますね。
文句なしに頼れる日々の相棒としてイイ車だと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる