ここから本文です

JASRAC新理事長の浅石道夫によって、

hay********さん

2016/8/615:11:19

JASRAC新理事長の浅石道夫によって、

日本の同人誌文化は滅びるのだろうか?

JASRAC新理事長に浅石道夫氏が就任--「権利者と利用者、エンドユーザーを結ぶ懸け橋に」
2016/07/14 16:07

http://m.japan.cnet.com/story/35085869/

JASRAC新理事長の浅石道夫の
利点、欠点、限界、盲点とは?



アニメカテゴリー皆さんの
ご回答のほど、
お待ちしております。

閲覧数:
1,256
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pwb********さん

2016/8/715:20:05

このニュース、なぜか二次創作が壊滅する!みたいな
話にばかりなっていますが、もっと別の問題がメインのように
思えてなりません。

新理事長の考え方には賛成です。単なる締め付けではなく
いかに権利者に相応の利益が回るシステムを作り上げるか、
という視点にもう移っていると私は思います。

真っ先に思い浮かぶのはマンガ喫茶やレンタルコミック、
漫画アプリなどです。かなり便利かつ確実にお金が渡るように
なりそうな気がします。


二次創作がもし対象になった時にどうなるのか想像すると
利点としては、正規の手続きを踏めば公式に直接利益を
与えられるようになるわけですから、描く側としては
罪悪感が減って有難いんじゃないでしょうか。

今、二次創作で最も儲けているのは、コミケ運営やpixiv、
Youtube、同人誌の通販サイトやダウンロードサイトなどであり、
そのほとんどが手数料や広告収入としての利益です。
今後もし二次創作するたびに、カラオケのように数十円ずつ
権利者に支払うとなれば、喜んで支払う人もいると思います。
彼らが言うように原作愛・キャラ愛で二次創作しているなら
そうなるはずです。

もちろん限界もあって、現状、二次創作のかなりは
成人向けやBLなど、はばかられるものですから
二次創作はグレーから白と黒に二極化して、
白い二次創作は堂々と申請して公式に経済的貢献をし、
黒い二次創作は更にアングラ化していくような気もします。
もしこうなった時に、主に黒い方の二次創作で儲けている
コミケやpixivやダウンロードサイトが
どういう態度を取るのか気になります。

盲点は、音楽はカラオケがあったから9割が登録されるくらい
JASRACが浸透しましたが、漫画小説でどれくらい
登録されるかですよね。
角川なんか、むしろ二次創作も自社コンテンツに囲い込んで
そこで儲けたいように見えるので。

ただ現状、二次創作じゃなくて作品そのものの
二次的な利用や無断転載の方が焦点になりそうな気がします。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる