ここから本文です

猫が、末期の腎不全です。 食欲ゼロで、ここ3日ほど水もほとんど飲まず、何も食...

kuragekijitoraさん

2008/5/221:22:07

猫が、末期の腎不全です。
食欲ゼロで、ここ3日ほど水もほとんど飲まず、何も食べていません。
治る見込みはないと言われ、入院か、自宅で療養するか、どちらか選んでくれと言われたのですが…

数週間前から腎不全を発症し、通院しています。
でも今日、とうとう「もう治らないので覚悟して下さい」と言われてしまいました。
血液検査の結果、

クレアチニン…13以上
BUN…100以上

どちらも、とんでもなく高い数値で、ここまで来ると、もう治らないそうです。
先生が仰るには、ここ数日が山との事です。
これから先は、吐血したり、痙攣を起こすこともあり得ると聞きました。
家族で話し合った結果、病院の狭いケージに入れておくのは気の毒なので、自宅で療養させようということになったのですが、血を吐いたり、痙攣したり、そんな状態になった時、苦しんでいる猫をただ見ていることしか出来ないのは本当につらいと思うのです。

そこで、猫を腎不全で亡くされた方、または、猫を自宅で亡くされたご経験がある方にお聞きしたいのです。
どのように看病されましたか?
どのような心構えが必要でしょうか?
最期は、どうやって看取られましたか?

以前の飼い猫は事故で突然亡くなったため、何の心構えも出来ていませんでした。
今回のように自宅で看取るのは初めてで、とても怖いし、悲しいし、不安です。
おつらいかもしれませんが、アドバイス頂ければ有り難いです。
よろしくお願いします。

補足皆さん、色々とありがとうございます。
猫は頑張っておりますが、とうとう歩く事も出来なくなってしまいました…
腎不全は、苦しんで死ぬ病気なんでしょうか?
ただ見守っていることしかできないんでしょうか?
今でさえ無理やり水を飲ませたり、点滴のし過ぎで手足が血だらけなのに、これ以上痛めつけるのは忍びなくて。
せめて、楽に死なせてやりたいんです…!

閲覧数:
312,776
回答数:
10
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

genkitokaoさん

2008/5/223:54:13

昨年10月に2年以上の闘病の末、腎不全で愛猫を亡くしました。19歳でした。
最後の1ヶ月は、毎日の通院で注射・点滴をしましたが、食欲が無くなり
毎日体重が減っていきました。
亡くなる1週間位前から、足元がふらつき始めました。
3日位前から、立って歩くことがままならなくなりました。この日に少しだけ食べた鱈が最後のごはんでした。
2日前には、トイレが間に合わず、寝たままその場所でしました。
亡くなる前日、静脈点滴を始めました。(入院は嫌だったので、通院で)
自力で動くことが出来なくなりました。
その日、おしっこがでなくなり、尿毒症で
体をのけぞらせ苦しそうだったので、私がしっかり抱きしめ、私の腕の中で数分苦しそうにして
虹の橋に旅立ちました。
最後、私の胸にしっかり抱きしめ、看取ることが出来ました。

低体温になるので、湯たんぽであたためてあげました。
家の中で、愛猫がいたい場所のそばで寄り添って寝ました。(ベットではなく)
たくさん話しかけ、たくさん撫でて、たくさん抱きしめました。
質問者様も、たくさん話しかけ、たくさん撫でて、たくさん抱きしめてあげるといいと思います。
弱っていく姿をそばで見るのは、とても辛いことです。
でも猫ちゃんは、大好きな人に看取られて、幸せだと思います。
安心して、旅立てると思います。

私はまだ、立ち直れていませんが、悲しかった時出会ったHPがあります。
ペットのお坊さんです。
私は、悲しかった時癒されました。
http://www.hpmix.com/home/sourumeito/

質問した人からのコメント

2008/5/9 13:10:47

仕事に忙殺されて、猫のそばに居てやれない毎日が続いておりました。
でも、こちらのご回答を拝見して決心がつきました。
出来ることを精一杯して、たくさん話しかけて、抱きしめて、最期までしっかりと看取りたいと思います。
ありがとうございました。

他の皆様も、本当に本当にありがとうございます。
私にとっては、皆さん全員がベストアンサーです。

「猫 腎不全」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2008/5/902:26:02

ほんの一週間前に十年付き合った子を腎不全で亡くしました。
それまではぐったりと倒れるように眠っているだけだったのが、意識を失う寸前、まるで家族を呼ぶような声で鳴きました。初めて聞くような、甘えたような切なくなるような声で二度小さく鳴きました。これはもしかしたらと思って、真夜中にも関わらず家族を全員たたき起こして、あの子が一番大好きだった弟の腕の中で家族全員に看取られ逝きました。意識を失ってからは、何度も何度も体を撫でて名前を呼んでやりました。死んで直後は家族全員で抱きしめてあげました。あの子も、それを望んでいたんじゃないかと思います。大好きな家族の側にいられただけで安心するものだと思います。

愛する家族の死を前に心構えすることなんて、普通出来るものじゃないと思います。わたしは今でも思い出しただけで辛くて仕方ないです。でも、一人ぼっちで淋しく死なせるよりは、最期は家族と一緒に見守られて迎えてあげたいと思います。自分がもし死ぬなら、そう思うからです。

腎不全の死に方は苦しいと聞くこともありますが、確かにしんどそうではありましたが、うちの子は悶えるような苦しみを味わうことはなかったようです。ほとんど意識がなくうつらうつらしていました。死ぬ一時間前は、完全に気を失っているような状態で、ただ息を引き取る直前に少しだけ意識を取り戻し、家族の顔を窺うように見たので必至で名前を呼ぶと尻尾を振りました。うちの子は、呼吸が出来なくなって・・・というような様子でしたが、それこそ本当に直前までという感じでした。その日は二十四時間側にいて見守っていたのですが、側にいなきゃ気付かないぐらいの小さな変化でした。あまり苦しまなかったんじゃないかなと思います。

何もしてあげられないのを見ているのは辛いことだと思います。でも家族だからこそ、最期までしっかり看取ってあげてください。それに最期まで諦めないで。わたしも少しでも介抱へ向かいよう、祈っています。

kawamotachanさん

2008/5/806:42:35

先月、末期の腎不全で看取ったばかりです。

水も取らなく歩けない状態になった時、いくらか代わってあげたいと思った事か・・心中お察しします。

私の所の子は歩けなくなった後、何日かは呼吸も安定してまだ元気そうだったので水分はシリンダーで少しずつ与えていましたが
それも受け付けなくなった時、ああお迎えが来たのかなと思って無理矢理与えるのはやめて腕の中でその時を待ちました。

悔しいけど、見守ってあげる事しかできませんでした。

色々調べましたが苦しんで逝かれる猫ちゃん、安らかに逝く猫ちゃん。猫ちゃんによってその時は様々のようです。

うちの子は何度かびくっと体を突っ張る感じをさせ失禁し、一瞬だけ手足をばたばたさせました(2~3度です)。

その後、ゆっくり息をひきとりました。

ただ、すごく苦しむ事が無かったのでそれだけが救いでした。

手足が痛々しいのも見ていて耐えられないのですが猫ちゃんも一生懸命質問者様と病気と頑張って戦った証だと思います。
辛いかと思いますが、頑張ったねってなでてあげてください。

最期に猫ちゃんの目に大好きな質問者様がうつりますように祈っています。

大変かと思いますが、どうぞ最期まで目を離さないで見てあげて下さい。

wanta1130さん

2008/5/415:47:41

我が家も 13歳で 腎不全が判明して3年後に 亡くなりました

最後の一ヶ月は 点滴に毎日通っていたのですが
あまりにも 脅えて。。。 獣医さんに 点滴を続けても 長くは無いと言われ
自宅で 過ごさせました

一人で居ると不安なのか 歩けないのに 付いて来ようとするので
籠 に入れて 家族の誰かが 常に家中連れてました
最後は 枕元で 眠るように亡くなりました

自宅療法で 良かったと思ってます

今又 2匹の内 16歳になる猫が 腎臓を悪くして 処方餌食べてます
1日でも 快適に過ごさせてやりたいと思ってます

ou_uoooさん

編集あり2008/5/402:49:09

うちの猫の異常に気付き、最初に病院に連れて行ったとき、BUN:241・クレアチニン:9.6でした。
クレアチニンが質問者さんより低いので、どうなのかわかりませんが持って数ヶ月と言われました。
それまであまり手のかからないコだったので、できるだけの事はしてやりたく
そのまま入院し、酸素室で一週間ほど治療してもらいました。
入院中に肺炎にもなり今夜が山と言われる状態もありましたが、その後数値が下がり、自宅点滴などしながら5年生きてくれました。
ただ、最後の判断を間違え、入院させてしまいました。
病院からの連絡に数十分間にあわず、最後に側に居てやれなかった事が今も悔やまれます。
ずっと抱いて撫でていてやりたかったと思います。

aluremu27さん

2008/5/319:08:05

動物看護士です。

私の場合は犬でしたが、2頭を腎不全で見送ったことがあります。
犬でも高齢になることで腎不全に罹患することはあります。

慢性腎不全の進行はとても長くゆっくりしたものなのですが、
最終的には尿毒症を起こし、亡くなってしまうケースとなります。
急性の場合には体調の変化が激しいので、飼い主も気付きやすいのですが、慢性の変化はなかなか気が付かないのです。

そして慢性腎不全はならないように予防したり、完治できるタイプの疾病ではありません。
また腎臓はその機能の75%が障害されて、はじめて体にとって不利益を生じさせ、
こうなってから飼い主も気付くこととなることがほとんどで、進行してしまうと尿毒症を起こしてしまうのです。

私の場合はうちの犬がそう体調不良を訴えてない頃から、症状が進行しても入院は避けたいと思っていました。
職業柄、入院させても、一般の飼い主さんよりは仕事中でも会う機会を持つことは出来ますが、
他にもいろいろと入院中のワンちゃんや猫ちゃんを診ていた経緯で、腎不全の場合にはそのようにしようと思っていたのです。

うちのそのコたちも、それまでには入院、手術という経験もしているので、何が何でも入院は嫌というのではありませんでした。
ただ腎不全の場合では、どのような状況で進行していき、治療を行なうのかということも数多く看ていたので、
最後を病院で迎えさせることは避けたいと思っていたのです。

いつそのような事態になるのかは、経験からでは何となくですが分かります。
うちのその犬たちは寝たきりで動かなくなってから、3日ほどで旅立っていきました。

私の場合は血液検査での数値が上昇してから、自宅で毎日皮下点滴をして、
処方食に変更したけれど自分では食べなかったので、これも毎日強制給餌して、
投薬治療も行なってというのを、それぞれ2年ほど継続しました。

こういう仕事をいていても、自分のコになると心構えという点でも揺らぐ部分はあります。
でも最後は慣れ親しんだ自宅が一番だと思ったので、
その選択はうちのコたちではよかったのではないかと思ってます。

それを感じさせてくれたのは、一緒に勤務していてうちのコたちの診察もしてくれていた代診の獣医さんです。
亡くなったことを伝えたら、「本当によく頑張ったね」とうちのコたちだけでなく、
その言葉を私への言葉にもしてくれたからです。
私には救いの言葉でもありました。

こういうことは看護している時よりも、その後に現れてくることでもありますので、
猫ちゃんが頑張って病気と戦っている状況では、アドバイスになるかどうかというのもあるのですが、
私の場合は後悔もしてないので、今思えばこれでよかったと思ってます。

病気のコがいる人の多くは、怖い、悲しい、不安という気持ちを持っていると思います。
でも病気のコもそれは同じだと思います。
飼い主の気持ちを読み取るのが動物には出来るでしょうから、
お辛い気持ちがあるのも重々承知していますが、落ち着ける場を作ってあげて、
猫ちゃんをご家族で優しく見守ってあげるだけでも、猫ちゃんは気持ちが安らぐように思います。

猫ちゃんの看護はご苦労がおありだと思いますが、
ご質問者様、そしてご家族の皆さま、ご無理なさらずにご自身のお体のこともどうかお大事になさってくださいね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。