ここから本文です

愛妻弁当で恥をかきました。。。.

アバター

ID非公開さん

2016/8/2119:26:20

愛妻弁当で恥をかきました。。。.

弁当もまともに作れない女は主婦失格である。妻が作った弁当の中身をどう思いますか?

定年を間近に控えたロマンスグレーのナイスミドルです。

妻の手作り弁当についてご意見をお伺いします。

普段、私は社員食堂を利用しているのですがその日は厨房設備の入れ替えがあるとかで社員食堂が利用できませんでした。

短い昼休みにわざわざ外へ食べにいくのも面倒です。

私は前日の夜に妻に弁当を作ってもらうように頼んでおきました。

そしてその日のお昼の社員食堂。

周りを見渡すと若い男性社員がお互い弁当を見せあっていました。

弁当男子…。

最近は弁当男子とかいう情けない輩がいるそうですが、私はそんなものは認めません。

弁当なんぞは女に作らせるものである。

そんなことを考えながら私はリュックサックの中からお弁当を取りだしました。

弁当は唐草模様の風呂敷に包まれていました。

風呂敷をほどくと中には立派な二段重ねのお重の弁当箱が。

テーブルの上にそびえる立派な二段重ねのお重の弁当箱…

すると私の重箱弁当に気が付いた周りの同僚や後輩達が集まってきました。

同僚「 (※私の名前)がお弁当を持ってくるなんて珍しいな~」

後輩「凄いっすね~お重の二段重ねっすか?もしかして伊勢海老とか入ってるんすか?」

まんざらでもない私は「よせよ~」と言いましたが…

心の中では(もっと言ってくれ!私の豪華な弁当を見てくれ!)と思っていました。

そんな私の思いが通じたのか、騒ぎを聞き付けた他の同僚やパートの女性事務員まで、たくさんのギャラリーが集まってきました。

みんな「さぞかし豪華な中身なんだろうな…」と蓋を開けるのを固唾を飲んで見守っています。

皆の視線が痛いほど私の弁当箱に集まりました。

そこで私はゆっくりと一段目の蓋を開けました。

すると中には、ボテッとしたあんぱんが一つ???

「は?」

何が起こったのかわからないまま私は二段目のお重の中身を確認しました。

すると二段目のお重には紙パックの牛乳が横たわっていました。

周りに集まったギャラリーは「何か悪いことをしちゃったな…」みたいな雰囲気で皆無言で立ち去って行きました。

独りであんぱんを噛み締めながら牛乳を口にして私は思いました。

「弁当にあんぱんと牛乳…俺は張り込みの刑事か!なんちゅう手抜き弁当…ウチの妻は主婦失格だな…」と。

愛妻弁当があんぱんと紙パックの牛乳。

ウチの妻は主婦失格だと思いませんか?

閲覧数:
286
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

lin********さん

2016/8/2119:36:27

主婦の仕事はお弁当だけですか?1つの仕事が不出来だっただけで失格?ならば質問主さんの理想とされる主婦はほとんどの方がこなせないでしょうね。主婦の仕事は適度に手抜きもしないと、やっていられません。

主婦失格の烙印を押すからには、質問主さんはさぞかし仕事がお出来になる亭主関白な旦那様で?なら奥さんに直接言えば良いと思います。奥さんの尻の下に敷かれており、家庭では言えないからここで賛同者を募っている訳でないのなら、わざわざ投稿する内容でもありませんよね。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

sak********さん

2016/8/2123:29:55

おやおや!

またコピペですか…

違反報告しておきます。

ant********さん

2016/8/2122:30:18

いや、思わん。

むしろクソ男にはぴったりの女房やと思う。

・・・で、今日は「カキフライを作ってくれ」とは言わんかったのか?

ixi********さん

2016/8/2121:16:37

釣りでしょうが

弁当の内容はあなたに対する愛情 またあなたの稼ぎに比例します。そんな弁当しか持たせてもらえない理由をかえりみる事です。あなたに非がないならその嫁に三下り半持たせて叩き出せばいい。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる