人は死んだらあの世には行かずお墓に行くのですよね? ウラノソト

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

その他の回答(8件)

0

人は死んでも、焼かれて、遺骨の方に、入り、墓に、入りますが、死んでも、魂は、有るのです。が、何も、罪ない人は、死んでも、あの世という。優しさの亡くなった方が、天に逝く導くの方に、逝くのです。魂有る以上は不思議と思います。天と、地獄に、有るのみです。魂と、お墓は、同じような者ですが、さ迷う事は、別と思います。

0

いや、違うカルシウムという物に変わり肥やしになるだけ、 あんたは捨てられる人になる、?・・・・((^_^))

1

人間は死ぬとやがて肉体から魂が離れていきます。 日本では死んだ人を数日後に火葬しますが 普通はすでに魂は肉体から離れているのと 魂は燃えるような物質ではないので 熱いということもありません。 燃えるのは肉体のみです。 そしてお墓に入るのは肉体が燃えた後に残りの骨のみ。 魂のみがあの世に行くのです。 人間として死んで残るのは魂のほうであり その魂こそがその人間そのものであり 肉体のほうではないということです。 自分が死んだことを悟れば その魂はやがていわゆるあの世という世界に 普通なら行くことになります。 ここでポイントとしては 魂としては墓にとどまるわけではないということです。 たまに見かけるいわゆる幽霊などはあの世にいるのではなく この世に未練を残してこの世にとどまっている魂と言えます。

1人がナイス!しています