ここから本文です

福岡の犬鳴村は実際に存在しますか?

cho********さん

2016/9/2217:52:19

福岡の犬鳴村は実際に存在しますか?

閲覧数:
396
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2016/9/2816:31:31

存在します。
つい最近もYouTubeに行った人のあがってました。


今は誰も住んでいません。跡があります。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kur********さん

編集あり2016/9/2423:25:30

元禄四年(1691)頃に福岡藩庁から藩有林の維持管理を命じられ福岡城下の地行町から移住した御譜代組足軽(6石3人扶持)たちによって開村された村は犬鳴村ではなく筑前国吉川庄犬鳴谷村と呼ばれていました。明治二十二年(1889)近隣の乙野・脇田・小伏・縁山畑の4村と合併し吉川村を発足。吉川村は昭和三十年(1925)若宮町と合併、平成の大合併により若宮町は宮田町と合併し宮若市になっています。現在の犬鳴は宮若市犬鳴となっていますが、福岡県営犬鳴ダムの建設により、住民のほとんどは近隣の脇田地区に移住され、かつての犬鳴集落はダムの底です。

犬鳴ダム周辺の山中には、江戸時代を通じて足軽を統率支配していた庄屋兼組頭(士分)の篠崎家や足軽各家の家紋が刻まれている立派な墓石が現存しています。
Wikipediaには犬鳴村役場などと記されていますが、明治二十二年に合併するまで犬鳴村役場などはなく、江戸時代を通じて庄屋兼足軽組頭を世襲で就任していた篠崎家が戸長に任命され行政の末端を執っていました。明治二年(1869)篠崎・渡邊両家が士族、藤嶌・水上・三浦・安永・赤星などの各家が卒族に編入されましたが、明治五年(1872)卒族の廃止と共に福岡県庁により犬鳴谷村の卒族各家は平民籍へ強制的に編入されたと言います。

aaz********さん

2016/9/2309:33:12

存在します・・・・・

fuk********さん

2016/9/2222:01:27

存在した。現存はしない。

pro********さん

2016/9/2217:55:12

1889年まで存在したそうですね。 今の宮若市犬鳴だそうです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8A%AC%E9%B3%B4%E6%9D%91

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる