ここから本文です

医師法第22条七 覚せい剤を投与する場合 覚せい剤取締法で逮捕できないでしょう...

lilas_bfbs_7pxy_kkさん

2016/9/2507:10:36

医師法第22条七 覚せい剤を投与する場合
覚せい剤取締法で逮捕できないでしょうか?

閲覧数:
74
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

krin4403さん

2016/9/2511:08:42

医療用覚醒剤はおそらく一品目しかなく,適応も
限られるため,中毒者に投与した場合は逮捕される
可能性はあると思われます。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

編集あり2016/9/2507:36:18

医療行為として医師が使用するわけですからね。当然、覚せい剤取締法においても処罰されない旨の規定がありますから。
よっぽどのバカでなければ、普通に考えれば分かりますよね?

覚せい剤取締法
(使用の禁止)
第19条 左の各号に掲げる場合の外は、何人も、覚せい剤を使用してはならない。
一 覚せい剤製造業者が製造のため使用する場合
二 覚せい剤施用機関において診療に従事する医師又は覚せい剤研究者が施用する場合
三 覚せい剤研究者が研究のため使用する場合
四 覚せい剤施用機関において診療に従事する医師又は覚せい剤研究者から施用のため交付を受けた者が施用する場合
五 法令に基いてする行為につき使用する場合

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。