ここから本文です

社会の授業で、中国の海洋進出?についてやりましたが全く意味が分かりませんでし...

アバター

ID非公開さん

2016/10/501:23:22

社会の授業で、中国の海洋進出?についてやりましたが全く意味が分かりませんでした。リバランス政策、A2AD戦略、エアーシーバトル、オフショアコントロール戦略、準行ミサイル、弾道ミサイル、オフセット戦略などが

授業中に出てきました。これらはノートに板書して、先生が解説したのですが分かりませんでした。
クラスメイト曰く、ある程度中国の海洋進出の目的が分かったらしく 「シーレーンが」どうたらこうたら言ってました。


先生はこうも言ってました。「難しいかもしれないが、安全保障について考えるのは日本人として必要だ」

そしてどうやって勉強すればいいですか?プリントは渡されるらしいですが..






⤵︎のプリントはこの前配られたプリントです。むつかしいです

準行ミサイル,海洋進出,シーレーン,A2AD戦略,リバランス政策,アメリカ,東シナ海

閲覧数:
64
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ppp********さん

2016/10/1201:55:03

正直中学生が学ぶには早いよ
それより ナチスとか北朝鮮の暴虐政治を学んだ方がいい

日本でも似たようなことを言っている政治家がいるからね

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tot********さん

2016/10/502:30:09

いやわりとシンプルな話ですよ

地図を見れば分かるんですがようするに世界はロシアとアメリカと中国が覇権的な野心を持っている国です
どれも大きな大陸ですよね

その3者の位置関係を考えた時に他の二国をけん制するために抑えておきたい場所ってのがあるんですよ
それが中国にとっては東シナ海、沖縄なんですよ
ここを抑えるとアメリカをけん制できるんです
アメリカは逆に抑えさせるわけには行かない

東シナ海、尖閣諸島なんかは中国とアメリカが仮にやり合うと想定したときに大海に出る際にちょうど中国から見て出口に当たる部分なんです
広い大海に軍隊を出すと想定した場合に尖閣諸島、沖縄と日本領なんで日本列島が中国から見ると邪魔なんですよ
だから抑えようとして出てくるんです

南シナ海も同様であの海域を押さえると周辺国が軍隊を出せなくなるからアメリカの同盟国なんかが動きにくくなっちゃうわけです

オセロみたいなもんです
ロシアは中国とは協力関係にあるんで中国方面には関与してこないですが、アメリカは中国の色に染めさせるわけには行かない
抑えられるとアメリカの力が弱まることになるわけです

日本はアメリカと同盟国ですから、アメリカの影響力が弱まるのは日本が困るんですよ
日本は中国と向かい合った時に最前線ですからね
中国が領土拡大、力を付けた場合アメリカがしり込みする可能性がでてきます
アメリカとしては力を着々とつけている中国と全面衝突するとアメリカもただじゃ済まなくなるから、
日本が困ったことになっても助けに出てこなくなる可能性もあるわけですよ

だから今のうちに日米同盟を強化して、中国の好きにさせてはならないという立場にあるのが日本です

中国とアメリカが対立してるというか自分達の影響力を維持したい、拡大したいというときに
地図でみると日本は二つの大国、そしてロシアと三つ巴のど真ん中にいるんですよ
それこそありえないですが、日本を奪ってしまえば相当な領土拡大になるわけです

戦争反対とか去年やってましたけど、日本列島は引っ越せないんでこの板ばさみな状態でどうやって身を守るか?を考えないといけないわけです
先進国で一億人いる島国ですけど所詮 日本はちっぽけな島国ですからね
一国では守れませんので

bc2********さん

2016/10/501:30:34

ノータリンの教師の講義は無視すればよいのです。この問題はご自分で調べたほうが早そうです。この教師は「胸に一物」の類ですよ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる