現在高校二年生で、来年あたりからオーストラリアの高校に1年間留学をしたいなと考えています。

現在高校二年生で、来年あたりからオーストラリアの高校に1年間留学をしたいなと考えています。 自分の高校はオーストラリアの高校と姉妹校になっていて今年その姉妹校へホームステイをしに行きました。 ホームステイをしてから自分の将来のことが大きく変わり、大学も海外へ留学をしたいなと思いました。 大学はアメリカになると思います。 そこで、まずは高校3年生を向こうで1年間体験したいのですが、費用はどのくらいかかりますか? 向こうの州・公立高校に通おうと考えています。 入学金など授業料、ユニフォーム…ざっと計算すると学校系のことでは1年間でどのくらいになりますか? また、向こうでアパートなどを借りるとどのくらいお金がかかりますか? 向こうに住んでいる高校生の方、または留学した経験がある方回答宜しくお願いします。

海外生活 | 高校受験211閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

公立でしたら今の為替で年間350万円前後だと思います。外国為替は1年でもよく変動するから、年間予算を正しく言える人って何処にもいないから、何とも難しいです。50万円ぐらい余分に予算があると、大きく変動しても大丈夫です。 ユニフォームは不要です。 留学生は18歳未満だとアパートを借りれないんです。18歳になっても、先生、ホームステイコーディネータ、校長先生の許可がいります。成績が下がるので学校で不評です。信頼が厚く、地元と同化してしまった生徒でないと許可が出ないはずです。 残念ですが、オーストラリアは高2/3が受験生です。 オーストラリア版センター入試(学期末)が11月に開始します。偏差値75, オール4.5, TOEIC800以上と日本の大学に入るに困らない程度の学力があれば、オーストラリアの先生方は高3で入学を下さる事もあるでしょう。単位を落としたら、もう1年留学しないと、高校修了は頂けないです。尚、大学受験クラスに入るには、前年度の成績で決定されます。該当クラスに入ってないと、オーストラリア版センター入試を受けることができない規則もあります。 だから、1年で本当に出来ると推測できた子は、8月から教科書と本を学校から送って頂いて、新学期の2月までに自分で読んでないと無理なんです。 http://www.tqa.tas.gov.au/4DCGI/_WWW_doc/273802/RND01/ESL315114_Paper.pdf 2014年度のタスマニア州、ESL LEVEL3(大学進学) のテストです。 どうですか?出来そうですか?各州で試験問題があるんですが、マークシートじゃないんですよー(涙)。 大学でオーストラリアに1年交換留学して、大学院をアメリカにしたどうでしょう?。こちらは日本と海外のビジネス社会に自然にマッチしているんです。

回答した専門家

お人好しの留学カウンセラー

お問い合わせ 0568-55-1534

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝えください

ThanksImg質問者からのお礼コメント

他の方々も本当にわかりやすかったです! よう検討してみます。わかりやすく説明してくださりありがとうございました!

お礼日時:2016/10/11 21:38

その他の回答(3件)

0

オーストラリアの私費留学は1年間250~300万円(その他雑費で+50~100万円)と聞いています。未成年はアパートを借りられないので、ホームステイか寮生活になります。 ただ、留学先は今の高校と提携している姉妹校で単位が互換できますか? 現地で取得した単位を認めて貰えない姉妹校以外へ私費留学をするなら、今の高校を留年または休学することになり、帰国したら3年生をやり直しになるでしょう。 もしくは、今の高校を中退してオーストラリアの高校へ編入して現地で卒業することも可能ですが、英語力によってはESLの英語の補習から始めることになり、卒業が1~2年遅れる可能性がありますよ。 そして、オーストラリアはイギリス式の教育なので、アメリカの教育システムと違います。アメリカの大学へ進学予定なら、オーストラリアよりもカナダの高校の方がいいかもしれませんね。アメリカの高校留学はビザの問題があって難しいので。カナダの高校留学はオーストラリアと同じくらい。ノバスコシア州などの田舎はもう少し安いです。 ところで、アメリカの大学はバカ高いですよ。 安い州立大学でも年間350~450万円。有名大学は私立なので、もっと掛かります。 バイトは禁止されているし、奨学金は日本のJASSOの月10万円程度なので、親御さんは卒業まで数千万円の仕送りをしなければなりません。ちなみに、海外の高校を卒業したらJASSOの奨学金の応募資格がなくなります。大丈夫ですか? 高校3年生からの留学は非常にリスキーだということを理解してください。 交換留学や姉妹校へのホームステイというのは「お客さん」なんです。一方、私費留学するなら、現地の学生と同様に扱われ、成績などの手加減は一切して貰えません。オセアニアや北米の大学入試は、内申を重視するAO入試であり、数年間かけて準備するものなので、英語力が低ければ、成績が悪くなって良い大学へは入れないことを知っておいてくださいね。 長期留学の準備には、編入手続きやビザの申請など半年以上必要です。本気で留学する気なら、すぐに準備に掛かってください。高校生の長期留学には、親御さんの全面協力と信頼できる留学業者を見つけることが肝要です。

0

アメリカの大学へ進学するのは構わないですが、日本では「高卒」となってしまうので覚悟が必要です アメリカの大学は「専門学校扱い」です アメリカでの社会的評価は「大卒」ですが、日本では大学卒業の資格が必要な国家試験は受験資格もありません 就職するときも「大卒」が条件のところはエントリーできないと言うことになってしまいます 日本の企業は「価値観」というモノを重要視しますので、大学が海外な場合はほぼ就職できないと考えた方が良いと思います 「グローバルな企業に入れる」などといのは見当違いで、お客はあくまでも日本人で日本の価値観を持っていない人は必要とされていないのです 東京大学、京都大学などを見ても判るとおり、誰一人として留学する人がいません 日本としては留学すると「マイナス要因が多すぎる」ということで留学した人を採用しないような感じが一般的です 生涯、アメリカで暮らすのであれば何も問題がないですが、日本に戻って来る気があるのであれば、アメリカ留学してプラスになることは何もないという感じです

0

まぁ、アパート借りる選択肢はほぼないでしょう。ホームステイ団体経由の登校になるでしょう。 団体と補助金、奨学金で、最低100万と言ったとこでしょうか。かかる人は1000万近く掛かりますしね。なんせ、留学先の高校でも変わりますから。