ここから本文です

労災の後遺障害認定の面談有無についてお聞きします。 現在一通りの必要書面を...

アバター

ID非公開さん

2016/10/916:00:25

労災の後遺障害認定の面談有無についてお聞きします。

現在一通りの必要書面を提出し終わり、労働基準監督署で審査中です。

(労災先行)
顧問医による面談の有無について窓口で聞いたところ、書面審査によって労災顧問医の意見では
既に等級は出ているようなニュアンスで「必要と判断されれば面談を行うが、無い場合もある」との返答でした。
私の症状は交通事故による脊髄損傷で、7級から11級あたりの等級になるか思っているのですが杖使用で歩行や移動は可能ですし、頸椎の可動域が2分の1以下なので顧問医の面談確認は不可欠なような気がするのですが・・
調べてみると障害給付の認定においてほとんどの方は面談を受けておられるようですし、寝たきりや動けないような重症ではないのに面談が省略されるケースがあるのでしょうか?
自賠責は書類審査のみとの事で、労災の医師による面談審査は後遺症をより的確に判断して貰えると考えていただけに、このまま面談がないのも困惑してしまいます。
何方様か同様に面談がなかった方や詳しい方でご教授いただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

閲覧数:
3,488
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2016/10/921:15:35

治療時と症状固定時の画像で脊髄損傷が確認でき、可動域制限が出ることについての整合性があれば、顧問医との面談は行われず労基署の職員に話を聞かれておしまいということもあります。
診断書に障害の内容がしっかり記入されていれば、顧問医による面談がなくても的確な判断をしてもらえると思います。

私の義姉は解放骨折による可動域制限が残りましたが、労基署職員に診断書の内容に沿って話を聞かれただけで等級認定されました。

アバター

質問した人からのコメント

2016/10/13 08:40:46

とても分かりやすいご回答、ありがとうございました。面接がないケースもあるのですね、
少し安心する事ができました。本当にありがとうございました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。