ここから本文です

CIWSってミサイルが同時接近したときどういう動きをするのでしょうか? 撃墜を確...

hat********さん

2016/10/1622:23:19

CIWSってミサイルが同時接近したときどういう動きをするのでしょうか?
撃墜を確認しないまま次の目標を撃つのでしょうか?

映画などを見てると撃墜を確認しないどころか
砲の照準をわざわざ止めずに一筆書きで砲塔を動かしながら撃ってるように見えます。

この時点で凄い技術ですが、
ミサイルがランダムな動きをした場合や多弾頭だった場合などの疑問が尽きません。

非常に興味があります。
もし専門書があれば教えていただきたいです、英語本でも構いません(>_<)

閲覧数:
289
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

p0t********さん

2016/10/1715:18:44

恐らくCIWSが薙ぎ払い掃射をした映画ですとトータルフィアーズでTu-22MがKh-22超音速対艦ミサイルでジョン・C・ステニスを攻撃した時に迎撃する際や、バトルシップでサンプソンなどのイージス艦が宇宙人からの攻撃を迎撃する際に西側CIWS代表格のファランクスがそのような動きをしていたので、それでしょうか?

あのような挙動はファランクスでは出来ません。

ファランクスはレーダーで目標を追尾しながら射撃しますが、機械が物理的に目標を破壊したと判断するまでロックした目標に対し射撃を継続するようになっています。目標が撃破出来てから次に接近してくる目標を再度探知・補足して射撃します。
ですのであのように複数目標から同時に攻撃された場合の同時交戦能力の低さは当初から問題として指摘されています。

それに対応したのはオランダのタレス社製CIWSのゴールキーパーで、同時に複数目標を迎撃出来ます。
本システムは目標に対し攻撃を行った際に撃破、非撃破関係なく一定時間で次の目標を迎撃するようになっています。
システム上、次目標を攻撃する間に一度は射撃が止むはずですがミサイルが密集して接近して来れば、バルカン砲の連射性と相まって、映画のように連続で目標を薙ぎ払うように射撃するように見えるかもしれません。
他に似たような迎撃システムのCIWSはスペインのメロカがありますが、あれは機関砲を12門束ねてバースト射撃をしますので、映画のような挙動にはならないかと思います。
同時交戦能力の向上はRAMやコールチクのように即応性の高いミサイルと併用する事で同時多目標相手でも交戦出来るようになっているシステムもあります。

ミサイルがランダムな動きをした場合ですが、それでも速度を出しながら特定の目標に突っ込む必要があるミサイルである以上は機動に一定の制限がかかりますのでレーダー管制したバルカン砲の連射速度での射撃であれば直線飛行よりは所要時間がかかりますが迎撃可能です。
多弾頭は弾道ミサイル以外でそのような技術がまだ開発されていませんので心配する必要はありません。MIRVをCIWSで迎撃するなんて不可能ですので。

質問した人からのコメント

2016/10/23 11:42:50

確かに、
ランダムに動いても艦を目指してミサイルがやって来る以上
弾幕を張れば迎撃出来そうです。

対艦用の多弾頭ミサイルは今の時代でもないところを見ると
何か問題を抱えてそうですね。

ならばクラスター爆弾を内蔵したミサイルでは!?
っと思ったのですが、迎撃後の破片問題と同じですね(笑)

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gus********さん

2016/10/1709:30:41

ヨーロッパで採用例が多いゴールキーパーはyuki_jgsdf_sfgp_2410さんが書かれてる通り、目標の撃墜を確認せずに次の目標への射撃を開始します。

世界中でベストセラーとなっているファランクスは、目標の撃墜を確認してから次の目標への照準と射撃を開始するので、複数目標への同時対処能力が低いと考えられていました。

そこで複数目標への同時対処能力を得るために開発されたのがRAMです。迎撃ミサイルなら撃ちっぱなしで各々のミサイルが個々の目標へ向かって飛んで行くので複数目標へ同時に対処することが可能になります。
でもRAMは対艦ミサイルなど対空用で、水上の小型鑑定に対しては使えません。なのでRAMを搭載してもファランクスとを併用する場合がほとんどです。


映画などで、射撃を止めずに掃射してるのは演出上の描写であって、現実にはないですね。
というのも、ファランクスは毎分2000発の弾を撃てますが、装填されてる弾数(即応弾数)は1000発以下です。なので連続で発射出来る時間は30秒弱しかありません。弾切れしたら人力による補充が必要です。なので、無駄弾を撃たないようにかなりこまめに射撃を断続的に制御します。

でも、掃射したほうが見た目がカッコいいので、映画とかではそちらを採用しているんだと思います。


ご存知だとは思いますがWikipediaへのリンクを貼っておきます。

みんな大好きWikipedia「ファランクス(火器)」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%A9%E3%83%B3%...

みんな大好きWikipedia「ゴールキーパー(火器)」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%AD%...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

mag********さん

2016/10/1623:48:37

脅威度が高いと判断した順にミサイルの移動予測地点に弾幕の壁を撃ち込むんだと思いますがねぇ。
撃墜確認しないと対象を変えないのでは欠陥システムなのでは?
あとCIWSのカバー範囲内から著しく軌道を変えたり弾頭が分離するような対艦ミサイルは今のところ開発されてないです。

yuk********さん

2016/10/1622:32:54

ゴールキーパーの場合はミサイルの将来位置に数発バースト射撃した後、撃破の成功不成功に関わらず次の目標に攻撃目標を移行していた気がします

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる