ここから本文です

フランス語の不定詞の作り方がわかりません。わかりやすく教えてくださると嬉しい...

アバター

ID非公開さん

2016/10/1923:30:01

フランス語の不定詞の作り方がわかりません。わかりやすく教えてくださると嬉しいです

基本的にallerとvenir deの後につく不定詞は最後にrをつければいいのでしょうか?
具体的に言いますと
練習問題に
Ils partent pour les États Unis.
の近接未来が

Ils vont partir pour les États Unis.
となっていたのですがなぜ
partentがpartirになったのかわからないです……

閲覧数:
889
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

不定詞は英語の場合、to+動詞の原形でつくると習ったでしょう。フランス語の場合は前置詞の後に動詞が使われる場合、à、de、pourなど、どんな前置詞の場合でも次の動詞は不定詞になります。英語の場合はto以外のfor、after、inなどの前置詞の後にくる動詞は~ingの形になりますが、フランス語では不定詞が使われます。venir deの場合、Il vien juste de sortir.(彼は今出て行ったところだ。)のように、deの次はsortirという不定詞になります。
Ils vont partir pour les Étas Unis.
彼等はアメリカに出発するところだ。
この文でvont partirはpartirが不定詞で使われています。このaller+不定詞の形は近い未来を表すときなどに使われます。不定詞の使い方は英語よりもフランス語の方がより複雑で、さまざまな不定詞の使い方があります。
前置詞を取らずに不定法が使われる動詞に次のようなものがあります。
使役動詞faire:
J’ai fait venir un médesin.
私は医者を来させた。
放任の動詞laisser:
Il a laisser souffrir sa famille.
彼は家族を苦しませた。
感覚動詞voir:
En montant l’escalier, je vois grandir l’orizon.
階段を上るにつれて、視界が広がるのが見える。
意図を表す動詞compter:
Je compte partir la semaine prochaine.
私は来週出発するつもりだ。
不定詞の名詞的用法:
Naitre, c’est mourir.
生まれることは死ぬことである。

不定詞にはこのほかにもいろんな使い方があります。以上で一つの参考にしてください。
【教養フランス語文法編(白水社)より引用】

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ooy********さん

2016/10/2309:06:23

あなたのレベルでは、難しいことは考えずに
「辞書の見出しになっている動詞」の形が
不定詞つまり動詞の原形だと考えよう。

プロフィール画像

カテゴリマスター

kik********さん

2016/10/2000:08:16

根本的に誤った考えをされてます。動詞の不定形は活用形から作るものではありません。むしろその逆でまずは不定形を覚えた上で各時制と人称に合わせた活用形を覚えるのが常識です。

partent がなぜ partir になるのか分からないのは当然です。まずは不定形から辞書などで活用形を調べて覚えることです。

参考までに partir の活用は

je pars
tu pars
il (elle) part
nous partons
vous partez
ils (elles) partent

です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる