ここから本文です

後遺障害認定等級について教えてください。 先日、後遺障害認定の申請を行いまし...

ore110105_1014さん

2016/10/2017:59:57

後遺障害認定等級について教えてください。
先日、後遺障害認定の申請を行いました、ケガの内容は右膝の粉砕骨折で可動域制限はないのですが軟骨の損傷有りで主治医いわくMRIで確認出来てここ

ら辺が損傷しているとの説明も受けています。
それらの画像や治療履歴?なども自賠責に送っています。
ですが弁護士から連絡があって14級と回答されたそうです。
画像所見などがあれば12級になるのではないでしょうか?
弁護士もおかしいと言い異議申し立てをするとの事です、異議申し立てをした場合はまた新しい情報を元に見直しがあると思うのですが自賠責側の担当医はまた同じ人間が担当するのでしょうか?
また同じ回答なのではと不安に思います。
異議申し立てを行うのに何かいい方法などがあれば教えてください。
他にも助言などあればよろしくお願いします。

閲覧数:
625
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ffdfb111さん

2016/10/2218:59:37

交通事故とはとても特殊です。
また、保険会社などのルールに則って支払いも行われていきますので、こういった手順を踏めば必ずこうなるという法則は残念ながらありません。

詳細な内容は質問文からは分かりませんが、画像所見があるから必ず何級になるということはありません。
また、後遺障害とは「こういうけがをしたから何級」ということではありません。けがの治療については症状固定までで、賠償責任を果たすということになります。
治らない部分について、後遺障害で認定を行って後遺障害慰謝料で対応をし、その障害を起因とする将来の収入の減額を後遺障害の逸失利益で賠償をするというのが原則です。

簡単に言うと、例えば「足首の骨を骨折した」という方が二人います。
Aさんは、治療の過程で骨もくっつき生活に支障を感じていないということであれば、後遺障害認定自体も非該当となります。
Bさんは、骨はくっついたが、足の可動域に制限が残り、しびれや痛みが事故後から軽減はするものの、常時存在している。
それによって、歩行に困難が生じ、今までの仕事にも戻れなくなった。こういった場合は、後遺障害認定が下りる可能性が高いです。

つまり、同じ怪我でも治療経過や一人ひとり体の状況も異なりますので、後遺障害とはあくまで起こった怪我に対する賠償ではなく、残った症状に対する賠償だということになります。

異議申し立てを考えられているとの事。
基本的には全く同じ人が担当するわけではありませんが、損保料率算出機構の人達は基本的に元保険会社社員の方の集まりです。
中立よりも保険会社のルールに立場は近いですし、またいろんな痛みを訴えてくるたくさんの被害者の中から本当に賠償すべきラインというのを冷静に客観的に判断をしていますので、前回よりも新たな医証が無い場合は、等級が覆るのは難しいとは思います。
あくまで個人的意見ではありますけどね・・・

お大事になさってください。

質問した人からのコメント

2016/10/27 07:48:51

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2016/10/2206:25:54

あなたの主治医に見えても、認定医に見えなければどうにもなりません。画像所見だけで12級になる訳ではありませんよ。

プロフィール画像

カテゴリマスター

aj332kaさん

2016/10/2018:14:22

>自賠責側の担当医はまた同じ人間が担当するのでしょうか?
→最初の認定審査は被害者住所を管轄する自賠責調査事務所が行いますが、異議申立された事案の審査は調査事務所を統括している(保険料率算出機構の)地区本部が審査をします。従って、審査する担当は当然別人(最初とは別のチーム)が審査することになります。

>異議申し立てを行うのに何かいい方法などがあれば教えてください。
→「いい方法=必ず希望の等級になる方法」なんてありません。
事実ありのままの状態を(診断書や画像などの)資料として提出し審査して貰うしかありません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。