ここから本文です

一眼レフのドライボックスの乾燥しすぎ対策について。 先日、中古になりますが...

アバター

ID非公開さん

2016/10/2111:10:36

一眼レフのドライボックスの乾燥しすぎ対策について。

先日、中古になりますがこれから何か家族写真などが取れるようにと一眼レフを購入しました。

何も分からない素人でしたので、個人的にはいろいろ調べて購入しましたが、まだ新しいタイプのもので、レンズなどにカビや埃なども分からないほどでした。(あくまで素人が確認した程度ですが…)

ただ長く付き合っていきたいため湿度計と乾燥剤がセットになったドライボックスを購入し、そこに入れて保管していますが、いつ見ても数値が25くらいでドライの状態です。
なかなかベストにならず、インターネットで探しましたが乾燥したままは逆にゴムなどの劣化になるとあって、ベストにする方法を探しています。

8L容器にカメラ1台、レンズ2個でスペースはかなり余っていますが、それが原因なのでしょうか?
何回か開け閉めして、調節するしかないのでしょうか?

湿度対策をして乾燥に悩むとは…といろいろ調べましたが、情報がありませんでした…。
どなたかお教え頂けましたら幸いです…。

閲覧数:
1,603
回答数:
8
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nik********さん

2016/10/2112:14:13

そうですね、25%は乾燥しすぎです。グリスやゴム、革の劣化が起こります。

私はシリカゲル(500g?で購入。リサイクルしながら使用してました。)を、その時々で外湿度と内湿度、明けた時間等で量を調整し入れてましたね。
フィルムケースに熱した針で穴を多数開けたものや、ティッシュにいれて輪ゴムで止めたりして。小分けにして放り込んでましたね。
まぁ頻繁に使うので、結構こまめにやってましたね。

それで数年やってましたが、梅雨時に一回失敗してレンズ3本カビさせて、それ以後は防湿庫です。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2016/10/2112:21:02

    ありがとうございます…
    乾燥しすぎと聞いて、今急いでドライボックスを開けました…。

    今、室内湿度を調べると55%くらいだったので、カメラバックにセットになっていたシリカゲルとレンズやカメラを一緒にしまった程度のほうが良いのでしょうか…。
    防湿庫も実は見たのですが、なにぶんまだ素人で1台しかないのでドライボックスで十分かなーと簡単に考えていました。
    なかなか、保管も難しいですね…。

  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2016/10/28 22:58:45

皆様ありがとうございます!BAは細かく何回もお返事頂きました方に!早速シリカゲルとお茶パックを購入し、カビ防止剤も購入しました!また皆様にアドバイス頂いたように出来るだけ外に出して風に当ててあげたいと思います。長く付き合える1台になりますように頑張ります!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mar********さん

2016/10/2118:38:12

残念ながらドライボックスでは制御不能ですね。
ただ、デジタルはそんなに寿命は長くないので、あまり気にする必要はありません。昔の機械式カメラのように何十年も使い続ける人は居ないですからね(当時のカメラは皮張りなので、その点でも湿度管理をきちんとする必要があります)。どうしても気になると言うのであれば、湿度制御をしてくれる防湿庫を買った方が良いでしょう。

ちなみに、乾燥剤が死んでない限りは室温が下がっても結露はしないですよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

lyn********さん

2016/10/2118:26:44

季節は寒くなりつつあり空気が乾燥し始めていますから、ドライボックスの必要はありませんね。
蓋は開けっぱなしがいいでしょう。
毎日遊んであげてれば、そもそもドライボックスなど必要じゃありませんよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

tam********さん

2016/10/2113:43:54

中学2年生の理科を思い出してください。
(今の単元だと、中2らしいのです)

飽和水蒸気量のグラフとか、見たことがあるはずです。
http://www.s-yamaga.jp/nanimono/taikitoumi/kukichunosuijoki.htm
http://www.all5.jp/subject/148.html


気温30度で、湿度が25%だとしたら、空気中の水蒸気量は、おおよそ7.5gです。
このまま冬を迎えて、気温が8度ぐらいになると、ほぼ湿度100%になるので、へたすれば、そのドライボックスの中で結露します。


温度と湿度は、片方だけでコントロールできません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

zui********さん

2016/10/2113:04:16

いろいろと気にしすぎじゃないのかなあ。

まず、「25%じゃ乾燥しすぎ」ってのが気にしすぎだと思う。一年中25%の環境に置きっぱなしというのならともかく、そのような乾燥剤を使う方式のボックスの湿度が一時的に25%くらいになったからといって、いちいち大騒ぎすることもない。どうせ乾燥剤の効果などすぐに切れるのだ。そのほうがよほど心配だ。だいいち、ボックスに入れていなくたって、冬の晴れた日なんかだと、東京でも湿度が10%台の日が続くことなんて、別に珍しくもなんともないよ。だからといってすぐにカメラに悪影響が出たなんていう話は聞いたことがない。

もっと言えば、そんなボックスを買ったこと自体が気にしすぎだと思う。カメラというものは、時々外に出して使っていれば、そんなに簡単にカビなど生えることはない。使わずに押入れみたいな通気の悪いところにしまいこむからカビが生えるのだ。ボディ1台にレンズ2本程度なら、机の上にでもそのまま置いておくのが一番いい。そして、もっとカメラやレンズの数が増えたら、そのときに電気式の防湿庫を買えばいいのだ。

カメラ好きの人の中には、どういうわけか乾燥剤を使う密閉ボックスが大好きな人も多いけど、ボクはこの話題が出るたびに、効果を完全否定することにしている。なぜなら、カビというのは湿度の高さだけでなく、換気の悪さというのも同じくらい発生の要因になってしまうからだ。つまり、この手のボックスは、ひとたび乾燥剤の効果が切れてしまえば、カメラをその辺に放置するよりもはるかに始末の悪い、恐るべきカビ増殖マシーンになってしまうのだ。

「きちんと定期的に乾燥剤を交換すれば…」と反論されるかもしれないが、そもそもボックスにカメラをしまうという行為自体が、手をかけるのが面倒だからしまいたい、という心理の表れなのだ。だから、この手のボックスは存在自体が矛盾していると断言してもいい。

現に、niku29niku2918さんの答えを読んでも分かるだろう。これほどきちんとやっている人でさえ、ちょっと油断しただけでカビを生やしてしまうのだ。そんな危険なボックスにさえ入れていなかったら、恐らく悲劇は防げただろう。

ボク自身は機材にカビを生やしたことは一度もないけど、友人知人でカビを生やしたという人の話を聞くと、押入れにしまいこんでいたという初心者を除いては、ほぼ百発百中、密閉式のボックスに乾燥剤を入れていたというパターンだ。

だから、そういうボックスに入れるのは、今すぐやめたほうがいい。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

fj2********さん

2016/10/2111:35:00

何かしらの除湿剤を入れていらっしゃいますよね?
除湿剤はシリカゲルなどケイ素系のものと、塩化カルシウム系の物に大別され、吸湿速度や質量(or体積)辺り上限吸湿量が異なります。

継続的に安定させるには緩効性のものを入れるのが適していて、開閉時に上がった分の湿度を蓋を閉じたあと速やかに適湿まで下げるには速効性のものを微量に入れるのが好ましい訳です。

ケイ素系の物は吸湿速度が速く、温度が高くなるにつれて吸湿速度も量も増加するので、夏場、クーラを使用していない部屋で開閉したドライボックスに一緒に封入すれば、比較的短時間のうちに自らの上限量近くまで吸湿し切って役目を終えます。
低温になった時に、吸った分を全て吐き出すことは無いので一定の低湿度が保たれますが、完全密閉されている訳ではないので容器内の空気は次第に外気と入れ替わり、継続的に吸湿する何かが必要になります。

そうしたところではCaCl系の除湿剤が好適なので、8リッター容器に対しては袋菓子に入れられているような容量…8グラム前後が一般的でしょうかね、の2倍程度を入れておけば良いでしょう。

ケイ素系のものはカメラバッグ内や移動中などで使うのに向いていて、ドライボックスに入れるのは、春秋冬の日本の太平洋側を例に取れば10リッターに対して大さじ1杯分もあれば充分でしょう。それを1~2か月以内または開閉が多くあった時に入れ替える程度が良いと感じます。

現在はどちらの除湿剤をどの程度使われてるのか分かりませんが、入れすぎなのだろうと思いますよ。なにも入れていないにも関わらず超低湿に陥るのであれば何も入れないか、ごく少量のCaCl系除湿剤を入れておけば充分です。
市販品を買うまでもなく、袋菓子を開けた時にドライボックスへぽいっと移す程度でもいいんじゃないでしょうか。

一方で市販の除湿剤には何かしらの防カビ剤も含んでいる場合があって、嫌気性のカビに対しては除湿剤が有効ではないという弱点を補っています。そのため市販の撮影機材向け除湿剤を使う意義はここにあって、店頭やAmazonなどで個包装の量が特に小さいものを探してみて下さい。

除湿と直接の関係はありませんが、カビは有機物を根城に繁殖するので、半年に1度くらいはドライボックス庫内をアルコールティッシュなどで拭くとより安全です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる