ここから本文です

協力お願いします!

アバター

ID非公開さん

2016/10/2523:37:25

協力お願いします!

断熱工法で自分で何が良いかわからないので、ご協力お願いします!

住まい
九州

工法
木造軸組

気候
年間通して湿度高め
夏は気温日本一になることもたまにあり
冬は寒いが下がってマイナス1〜2度
雪はほぼ降りません
梅雨長いです

そこで…断熱工法をどのように施工してもらうか?
を考えてます!

例えば…
充填断熱であれば、
グラスウールを〜とか、遮熱シートは〜とか…
外張り断熱だったら、この素材で〜とか、
内も外もしたら、このような効果が〜とか、
それぞれのメリット、デメリットあればそこの辺りもお願いいたします。

参考にさせていただきたいです!
教えてください!!よろしくお願いいたします!

閲覧数:
219
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mb3********さん

2016/10/2608:28:42

断熱は冬のことが重要視されますが、実際は夏にも大変に有効なのです。
今、西日本では40度近い猛暑となります。
いかに外気熱を家の中に入れないかも重要になります。
サイディングにグラスウールだけの家で西日で熱せられた家の壁の横でベットを置いて寝ていた人がエアコンをかけていたのに熱中症で病院に運ばれた事例がありました。断熱不足で輻射熱で蓄熱された壁はなかなか温度がさがりません。その家の壁は真夜中まで30℃を超えていたそうです。

断熱については外にすっぽりと断熱材を施工するのか理想的です。内側は柱やコンセント、配線などがあってしっかりと全体に均一に断熱材を入れることができません。

外断熱が難しいのは断熱材を厚くするとその外側に重い外壁材を取り付けるので取り付けの金具が持ちません。そこで厚みは5cm程度のものしか使えません。
現在手に入る断熱材では5cmで十分な断熱性能を持つものはありません。
そこで壁の中にも断熱材を入れて断熱性を上げていくというのが現在進んでます。
付加断熱とかダブル断熱と言われてます。
これでやっと欧米並みの断熱性能となります。

ではどんな断熱材が良いのかと言えばグラスウールやウレタン系の断熱材は湿気を水込みやすく、その湿気を排出できないので溜まって壁内結露の弊害が多発します。
できれば調湿性能の高い断熱材が理想です。
うちの家は添付の画像のような構造です。
夏場に外気温が38度の時に室内はエアコンなしで28℃くらいです。
家の中は蔵のように涼しく感じます。
この状態でエアコン入れたらすぐに冷えます。
調湿性能の高い断熱材なので梅雨時期も部屋の中がジメジメせずに快適です。

うちは工務店グループのオーパスというグループに加盟してます。こういうダブル断熱の家を建ててます。
お近くにあれば話を聞いてみてください。
オーパス➡http://www.opus-net.co.jp/

断熱は冬のことが重要視されますが、実際は夏にも大変に有効なのです。
今、西日本では40度近い猛暑となります。...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ma1********さん

2016/10/2609:39:50

あまり詳しいことは言えないので素人の話として聞いてください。


充填断熱は柱の太さ分の厚みが取れるので断熱効果が高くなります。でも柱等で断熱欠損となりマイナスポイントとなります。またコンセントや筋違等での気密処理については慣れていない大工がやると下手な処理になり、気密が取りにくい。気流止めも大事です。

外張り断熱は、断熱欠損が生じにくく、気密も取り易い。でも厚みが取れず断熱性能は低く、また外張りで基本使われるフォーム系材料は高価で、工期もかかるため割高になる。

なのでいまから家を建てるなら両者を足した付加断熱がベスト。でも経験のある業者が限られてしまうのと、やはり充填よりはコストアップになってしまいます。

気密処理がきっちりできるのであれば充填断熱でも温暖地では断熱性能は十分です。そこにリスクがあるのなら割高だけど外張り断熱でもある程度の性能は出ると思います。

あと大事なのが透湿抵抗値。簡単にいうと湿気の流れです。

これを理解していればグラスウールだろうが、ウレタン系だろうが壁内結露はしないでしょうし、理解できていなければどんな調湿ができる断熱材を使っても壁内結露をします。

壁内結露をすれば断熱効果は失われ、躯体は腐ります。

一番の問題はこのことを理解していない業者が多いこと。

施主としてある程度の理解を深めてから工務店の知識を確認した方がいいです。工務店の説明に疑問を感じたらちゃんと説明してもらい、納得できれば良いでしょうし、あやふやな回答であれば怪しいと思った方がいいと思います。

プロフィール画像

カテゴリマスター

kam********さん

2016/10/2608:15:09

①あなたが依頼をしようと考えている、建築会社に基本的な「断熱に関する知識」はありますか? それが無いのであれば「知恵袋」にいくら「回答」をさせて頂いても、「暖かい家」は完成しませんよ。

②断熱材の種類と施工位置ばかりにこだわっていても、「暖かい家」は完成しませんよ! 必ず「窓の断熱性能」と「熱交換型換気扇」を合わせて採用しない限り、バランスの悪い家になってしまいますよ。

「補足」があれば「追記」が可能です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる